【MAYA】モデリングの基本、モデルに合わせたテクスチャーを作ろう!

公開日: : モデリング

UVテクスチャーにモデルのUVを合わせる方法のほかに、テクスチャーをモデルに合わせて作る方法をお話します。UV展開についてはいろんな操作があり、混乱してしまいますが、一つ一つ覚えていけば問題ないと思います。自分としても、ゆっくり覚えていこうと思います。


【MAYA】モデリングの基本、モデルに合わせたテクスチャーを作ろう!

出来上がっているUVテクスチャーにモデルのUVを合わせる方法もありますが、あらかじめ作ったモデルにテクスチャーを合わせてつくる方法をお話します。

テクスチャーにUVを合わせる方法はこちらでお話しています。

【MAYA】モデリングの基本操作、UV展開してテクスチャーの位置を合わせよう。

 

まずモデルポリゴンスフィアを作ります。Create → Polygon primitives → sphere


このデフォルト(といえばいいのでしょうか)のモデルにはあらかじめUVがついています。

このオブジェクトを選択して、Windows→ UV Texture Editorを選びます。

すると、このモデルのUVが展開されています。


こちらのUVをフォトショップに出して、フォトショップで編集して、MAYAに持ってくる方法をとります。

まず、UV Texture Editor→ Polygons→ UV Snap Shotを選びます。


 

ボックスが立ち上がるので、設定をします。File nameで保存場所を選び(Brouseで場所を選べます。)、Image formatでファイルタイプを選びます。

保存をしたら、フォトショップでそのファイルを開きます。

maya Iffで保存するとレイヤーとして、そのファイルが開かれます。JPEGで保存してみたところ、フォトショップで背景として、出てきました。個人的にはレイヤとして出てきた方が作業しやすい感じがします。


そのレイヤーの下に新たにレイヤーを作り、テクスチャーを作っていきます。


テクスチャーができたら、UVの枠線が入ったレイヤーを非表示などにして、保存します。

mayaに戻ります。

オブジェクトを選択して、マテリアルを設定します。今回はlambertにしてみました。デフォルトでLambert がついていますが、これは使わない方がよいそうです。なので、新たにマテリアルを設定します。

(テクスチャーの設定は下記リンクでお話しています。

【MAYA】テクスチャづくり、モデルへのテクスチャーの設定方法 

オブジェクトにテクスチャーが適用されたら、テンキーの6キーを押すと、適用されたか確認できます。


また、オブジェクトを選んでUV Texture Editorを開くと、きちんとUV展開図に沿ってオブジェクトが貼られているのがわかります。


 

まとめ

1、モデルを選んで、、Windows→ UV Texture Editorを選びます。

2、UV Texture Editor→ Polygons→ UV Snap Shotを選びます。ボックスが立ち上がるので、設定をします。

3、フォトショップを開き、保存したファイルを開き、UVガイド線に合わせてテクスチャーを作ります。

4、mayaに戻り、つくったファイルをオブジェクトのテクスチャーに適用します。

 

テクスチャーにUVを合わせる方法はこちらでお話しています。

【MAYA】モデリングの基本操作、UV展開してテクスチャーの位置を合わせよう。

 

 

 

 

 

関連記事

【MAYA】ノンリニアデフォーマ―で手軽にキレイなアニメーションやモデリング。①(Bend Flare Sine)

ノンリニアデフォーマ―でアニメーションで動きをつける時、自然な形をつくりやすいように思います。ノンリ

記事を読む

【MAYA】基本操作、さまざまなライトの種類とその効果、設定について。

ライトはいろんな種類があり、最初は混乱するものの一つだと思います。でもモデリング、アニメーション、エ

記事を読む

【MAYA】オブジェクトにペイントしてテクスチャが作れる!3Dペイントツールについて。

mayaはほんとに奥深い、すごいソフトだなと思っていましたが、このツールを知ったときにこんな機能も付

記事を読む

【MAYA】環境ライティングとなるIBLに使うHDRIの設定

ライティングをフォトリアルにしてくれる、とても便利なIBLにつかうHDRIの設定方法について書いてみ

記事を読む

【MAYA】複雑なオブジェクトのUV展開の方法

複雑なオブジェクトのUV展開の方法について、忘れないように描きとめておこうと思いました。

記事を読む

【MAYA】基本操作、モデリングの必須ツール、ナーブス(NURBS)をポリゴン(Polygon)にする。

ナーブスでつくったモデルをポリゴンにする機能について、書いてみました。ポリゴンでは作りづらいような形

記事を読む

【MAYA】基本操作、二つのオブジェクトを結合しよう。ブリッジ編

別々につくったオブジェクトを一つにしたい、モデリングではよく出てくることですが、そんな時に使えるツー

記事を読む

【MAYA】マテリアルで金属やガラスの質感をつくろう!

マテリアルの基本・・というか、最初の頃に取り組むのがガラスや金属の質感づくりだと思うのですが、その辺

記事を読む

【MAYA】基本のものから知ってると便利なものまで、オブジェクト選択の方法

オブジェクト選択の方法をお話します。主に基本的なものについてになりますが、これから先新たな方法など習

記事を読む

【MAYA】ファー(Fur)でオブジェクトに毛をはやそう!

ファーは2017年度版ではデフォルトでメニューがなくなってしまっていますが、(MELに書き込みをする

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
【Maya】超初心者向けVrayでの質感付け 色とつや感の調整

Vrayでの質感付け、つやの出し方について、忘れないようにメモしてお

【Photoshop】知ってると便利、ショートカットで操作スピードアップ

作業中にショートカットキーを使えたら効率はかなりアップします。そんなシ

【MAYA】2016年、2017年度版のカラーコレクション設定方法についてです。

カラーコレクションの方法はmayaのバージョンが上がるたびに楽になって

【情報】デスクワーク、パソコン作業につきものの肩こり、腰痛をストレッチで緩和しよう!

デスクワーク、パソコン作業にはつきものの、目や首肩、腰痛ですが、それを

【情報】デジタルメディア、デジタルコンテンツの国際的なイベントSIGGRAPH ASIA 2018が東京で開かれます。

世界中のハード・ソフトウェアの開発企業、スタジオ、ベンチャー投資家が集

→もっと見る

PAGE TOP ↑