【MAYA】オブジェクトにペイントしてテクスチャを作れる!3Dペイントツールについて。

モデリング

mayaはほんとに奥深い、すごいソフトだなと思っていましたが、このツールを知ったときにこんな機能も付けてくれていたんだとちょっと驚きました。maya上でペイントしてそれをテクスチャにできるなんて、便利ですね!

 

 

【MAYA】オブジェクトにペイントしてテクスチャが作れる!3Dペイントツールについて。

Torusをシーンに出しておきました。簡単ではありますが、これからドーナツの色付けをしようと思います。

3D Paint Toolでの色塗りなどの編集作業

メニューのリストをRenderingにしておきます。Torusを選んで、Texturing→3d Paint tool横の□を選んでオプション表示します。Tool Settingsが表示されます。

tex1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、Attribute of Paint(上図水色のライン)でペイントしたいアトリビュートを選びます。様々なものにペイントしてテクスチャを作ることができます。Ambient、 Bump Map、Color、Diffuse、Displacement 等々選ぶことが出来ます。本当に便利です。

tex2

 

 

 

 

 

今回はColorを選び、Assign/Edit Textures(上図紫のライン)を押します。するとAssign/Edit File Texturesボックスが表示されるので、そこでサイズを決めて(下図ブルーで囲んだSize XY)下にあるAssign/Edit Texturesボタン(下図オレンジで囲んだボタン)

を押すと、テクスチャーを作れるようになります。

tex3

 

 

 

 

 

 

 

 

Tool Settingsのグリーンで囲んだBrushはBrushの設定を変える事が出来ます。赤で囲んだColorはブラシでペイントする色を決められます。ピンクで囲んだFloodは塗りつぶしの色を設定できます。いずれもColorの横のボックスをクリックして色を選べます。Floodの場合は色を決めたら、Folld Paintを押すとオブジェクトに塗りつぶしが適用されます。消したかったらFlood Eraseを選ぶと塗りつぶしが消去されます。

Colorの場合は色を決めたらブラシでオブジェクトに直接塗って行きます。

Folldでドーナツの色を塗ります。きつね色になりました。

tex8

 

 

 

 

 

 

 

 

次にColorでアイシングの白を塗っていきます。赤い○はブラシのサイズです。Bボタンと左ドラッグでブラシサイズを変更できます。tex5

 

 

 

 

 

 

Paint OperartionsのBlur(黄色で囲んだ部分です。)にチェックを入れペイントすると、ぼかしを入れることができます。この図だとすみません、ちょっと見づらいのですが、ドーナツの上の部分を見るとわかりやすい気がします。

tex6

 

 

 

 

 

 

 

 

試しにBump Mapを選んでペイントすると、このように凹凸が表現されました。

tex13

 

 

 

 

 

 

 

 

テクスチャーのセーブ

ペイントしただけだと、テクスチャーのセーブはされていないので、これからセーブします。アトリビュートエディターのColor横のチェッカーボックス(赤で囲んだ部分)を押すと、これまで塗ったノードが出来ています。

tex7 tex9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再度、Texturing→3d Paint tool横の□を選んでオプション表示します。Save Texturesのボタン(一番上の図のオレンジのライン)を押します。すると、Attribute EditorのImage Nameにテクスチャーの場所と名前が表示されます。フォルダのボタンを押すと、どこに作成されたのか、表示されます。これにより、のちのテクスチャの編集が可能になります。

tex12

 

 

 

 

 

 

Bump Mapの場合も観てみますと、Colorの時と同じく、Bump Mappingの横の矢印を押すとノードが出てきます。Image Nameの所に場所と名前が表示されます。当たり前ではありますが、これはDiffuseなど他のものでも同様になります。

tex14

tex15

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

3d Paint Toolを使用したい場合はオブジェクトを選んで、Texturing→3d Paint tool横の□を選んでオプション表示します。Tool Settingsからブラシや塗りつぶしの設定や、テクスチャの保存などが出来ます。

塗っただけだと、テクスチャーは保存されていないので、必ず保存します。

バンプとか、フォトショップをつかって作成していたものが、こちらでできてしまうのは驚きでした、これから活用したいです。

 

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました