【Maya】超初心者向けVrayでの質感付け 色とつや感の調整

公開日: : 最終更新日:2021/05/03 質感 , , , , ,


Vrayでの質感付け、つやの出し方について、忘れないようにメモしておこうと思います。勉強中のため、何かありましたら、教えて頂けるとありがたく思います。 使用バージョン Maya2018




モデルへのマテリアルの適用




オブジェクトを選んでマウスの右クリック長押しから、Assingh New Material、




出てきたポップアップからVrayMtlを選びます。 (オブジェクトを選んでShift+Tでもマテリアルの選択画面がでます。)




上図のポップアップが出てきます。







マテリアルの設定




  • 色を付ける



Vray Mtlを選んだらアトリビュートエディターを選んで、マテリアルタブを開きます。練習として、つやをオブジェクトに入れていこうと思います。








DIffuse Colorのカラーボックスで右クリックするとカラーを選択できるボックスがでるので、そこで色を選びます。








デフォルトのVrayMtlに青い色を付けた状態です。








  • つやなどの調整



これにツヤをつけます。








ReflectionColorを白に、Reflection glossinessを1にスライドします。BrdfTypeを今回はBlinにしました。BrdfTypeで拡散の仕方を選択できます。








ReflectionColorを赤紫にしてみると反射色が赤紫になっています。












ReflectionColorを白に戻し、Reflection glossinessを0.75にスライドします。








つやが抑えられました。Reflection glossinessにマップを適用することで、輝きを制御できます。Reflection glossiness横のチェッカーマークを選んで、出てきたポップアップから目的のものを選びます。(今回はFile)












上図の赤線部分、ファイルを選ぶとアトリビュートエディターに画像を選べるタブが開くので、フォルダマークを選んで、適用したいファイルを選びます。








適当なファイルを入れてみました。












つやの付き方が変わりました。このマップの接続をなくしたいときは、Reflection glossinessの文字の上で右クリックをして、Break connectionを選ぶと接続が外れます。








  • 例の例として 金の表現をしてみようと思います。



VrayMtlを選んで、下記のパラメーターを調整します。




DiffuseColor カラーボックスを立ち上げて、RGBの数値をR243 G201 B104にします。(RGBの数値は立ち上げたカラー選択のボックス、右下の部分がRGB,0 to 255を選択します。)







ReflectionColor RGBともに255




IOR 1.35002 (IORを入力するには入力ボックスすぐ上のLock Fresnel IOR To Refraction IORのチェックを外します。)




Metalness 1








まとめ




色の付け方・・Diffuse Color横のカラーボックスを右クリックして出てきたボックスから色を選ぶ。




つやの付け方・・Brdfタイプで拡散のタイプを選ぶ。ReflectionColorで反射色を選ぶ。Reflection Glossinessでつやの出方を調整する。




関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【ZBrush】初心者向けUIのカスタマイズや3D編集モードへの切り替え、軸方向や移動回転スケールの操作について。

知らないと困る、ZBrushの基本操作について、メモしておこ

【Photoshop】テクスチャー作成にも便利。パターンとパターンブラシについて

テクスチャー作成に便利なパターンについて、メモしておこうと思いました

【Photoshop】初心者向けレイヤーマスクとクリッピングマスクの使い方

フォトショップに画像を合成する際など、大変に便利なレイヤーマスクにつ

【Photoshop】フォトショップ選択ツールの使い方と、選択範囲の保存と読み込みについて

時おり使うPhotoshop、ポイントになる選択範囲ツールについて、

【Maya】超初心者向けVrayでの質感付け 色とつや感の調整

Vrayでの質感付け、つやの出し方について、忘れないようにメモしてお

→もっと見る

PAGE TOP ↑