【MAYA】複雑なオブジェクトのUV展開の方法

公開日: : モデリング

複雑なオブジェクトのUV展開の方法について、忘れないように描きとめておこうと思いました。

スポンサードリンク


【MAYA】複雑なオブジェクトのUV展開の方法

複雑なオブジェクトのUV展開ですが、プリミティブのオブジェクトと違い、自分でCreate Polygon Toolなどで創ったオブジェクトのUV展開についてお話します。

UVについての記事はこちらにも書きましたので、よろしければどうぞ。

【MAYA】モデリングの基本操作、UV展開してテクスチャーの位置を合わせよう。

【MAYA】モデリングの基本、モデルに合わせたテクスチャーを作ろう!

まず、自作のオブジェクトのUVを展開します。オブジェクトを選んで、Windows→ UV Texture Editorを開くとこのような状態です。
チェッカーを当ててみるとこのような感じです。チェッカーはテクスチャーエディター右上の赤で囲んだ部分、チェッカーボタンを押すことで切り替えが出来ます。

チェッカーが正方形でないときはテクスチャーを当ててもきれいに反映されません。


まず、展開図をオブジェクトの形に近づけます。

Create UV’sのPlanner Mapping横の□を選んでオプションボックスを出します。

赤い四角で囲んだ部分でベストな方向を探ります。Fit projection toはBouding boxにし、Project fromのXYZCameraを選びます。いいかなと思う軸を選びます。ボックス下部のProjectや Applyを押して適用します。


このように先ほどより、形になっています。オブジェクト上 もしくはUV Texture Editorで右クリックEdge を選んで、開きたい部分のエッジを選びます。オレンジに選択されたら、イエローで囲んだハサミのボタンをクリックして、展開図を切断します。

ちゃんと切れているか確認するにはUV展開図でShiftと右クリックでピンクの下線部、Toggle Texture Bordersを選ぶと切断部を太線や通常表示に切り替えできます。

スポンサードリンク

 

これを開きます。

Texture Editorで右ドラッグしてUVを選び、展開図全体をドラッグして選択します。
選択した状態です。


UV Texture EditorのPolygonsからUnfoldsを選択します。

選択すると図を開くことが出来ます。


この図をチェッカーがきれいになるように、直します。

右クリックでUVを選択して、移動ツールやスケールツールで直していきます。

ご存じかと思いますが、ラインを真っすぐに直すのに、スケールツールが結構有効です。赤で囲んだ部分をドラッグで選択して白い四角で囲んだグリーンの部分をスケールの中心にドラッグであわせるようにすると、囲んだ部分が真っすぐになります。

また一旦切ってしまった部分をまた接合したい時は、UV Texture Editorで右ドラッグEdgeを選び、切ってしまったエッジを選択します。

その状態で、UV Texture EditorのPolygonsからMove and Sew UV Edgesを選ぶと選択したエッジが接合されます。



それなりに展開図をならし、チェッカーが正方形に表示されるようになったのを確認したら、チェッカーの表示を解除します。

それぞれの状態でテクスチャーをあててみた図です。テクスチャーの当て方は下記リンクに書きました。

【MAYA】テクスチャづくり、モデルへのテクスチャーの設定方法 

Planner Mapping後
Unfold後
ならした後
ここから、オブジェクトに対しておかしくないようにさらにUV展開図を触って、柄の表示を合わせていきます。

当たり前ですが、重くないようでしたら、チェッカーを表示しなくてもテクスチャーをあらかじめ当ててしまって、調節しても大丈夫かなと思います。

 

まとめ

1、オブジェクトを選んでWindows→ UV Texture Editorを開きます。

2、Create UV’sのPlanner Mapping横の□を選んでオプションボックスを出し、ベストな方向で適用します。

3、切断したいエッジを選んで、UV Texture Editorで右ドラッグUVを選び、展開図をドラッグで選択します。

4、UV Texture EditorのPolygonsからUnfoldsを選択します。

5、UV Texture Editorで右ドラッグしてUVを選び、移動ツールやスケールツールで直します。

6、キレイにオブジェクトの模様が表示できるように、UVを調整します。

初心者の内は複雑で一つ一つこなすのが大変ですが、慣れれば、問題なくスムースに出来るのではと思います。

UVについてはこちらにも書きました。

【MAYA】モデリングの基本操作、UV展開してテクスチャーの位置を合わせよう。

【MAYA】モデリングの基本、モデルに合わせたテクスチャーを作ろう!

スポンサードリンク

関連記事

【MAYA】ファー(Fur)でオブジェクトに毛をはやそう!

ファーは2017年度版ではデフォルトでメニューがなくなってしまっていますが、(MELに書き込みをする

記事を読む

【MAYA】Xgenを使って、オブジェクトに毛をはやす。

2017年度版からファーがメニューから無くなってしまい、これからはXgenを使うことが増えてくるかと

記事を読む

【MAYA】被写界深度を調節しよう。① サーフェスシェーダーを調節しデプスをつくる。

モデリングで最終絵に被写界深度をつけたいときに、MAYAでデプスマップをつくり、それをアフターエフェ

記事を読む

【MAYA】スムースやテクスチャなど、画面表示の変更方法について説明します。

MAYAの画面表示は数字キーで変えることができ、とても便利です。 どの番号でどの表示となるのか

記事を読む

【MAYA】モデリングの基本操作、UV展開してテクスチャーの位置を合わせよう。

UVと最初聞いた時は何のことかさっぱりわからず(まず”紫外線”が浮かんでしまう位でした。)よくわから

記事を読む

【MAYA】ペイントファーアトリビュートツールでファーを自由自在に操ろう。(Paint Fur Attribute Tool)

Furツールは2017年度版からメニューになくなってしまいましたが、MELを挿入することでまだ使用で

記事を読む

【MAYA】基本、フェースの押し出し(Extrude)、移動、スケールツールを使って簡単な飛行機を作ってみました!

Extrudeは押し出しツールですが、全く3Dを触ったことがない人にとっては、混乱してしまうツールだ

記事を読む

【MAYA】モデリングの基本操作。オブジェクトの結合(Combine)分離(Separate)ブーリアン(Booleans)

モデリングの基本機能、結合と分離、ブーリアンについて、まとめてみました。 スポンサードリンク

記事を読む

【MAYA】基本操作エッジの追加ツールその2 (2015年度版以降ではメニューにない機能です)

2015年度版を使っているのですが、2015年度版ではなくなってしまった分割の機能があると聞きました

記事を読む

【MAYA】オブジェクトにペイントしてテクスチャが作れる!3Dペイントツールについて。

mayaはほんとに奥深い、すごいソフトだなと思っていましたが、このツールを知ったときにこんな機能も付

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【勉強法】頭は午前中の方が冴えている?!朝勉強のすすめ。

勉強法、勉強の時間帯、みんな向くものがそれぞれあると思うのですが、朝の

【Zbrush Core】日本語を英語にしたい、言語変更の方法についてです。

Zbrushはとても楽しいソフトですね。価格もZbrushよりも安く、

【勉強法】本の選び方、かしこい読書方法とは?!

本は情報を得るための、もっとも効率の良いツールになります。 小説

【勉強法】年齢のせいにばかりしてはいけない!?記憶力が落ちてきたら、気を付けたいこと。

我ながら書いていてトホホなタイトルですが、操作方法を覚えていることが出

【Photoshop】知ってると便利、ショートカットで操作スピードアップ

作業中にショートカットキーを使えたら効率はかなりアップします。そんなシ

→もっと見る

PAGE TOP ↑