【MAYA】複雑なオブジェクトのUV展開の方法

公開日: : モデリング

複雑なオブジェクトのUV展開の方法について、忘れないように描きとめておこうと思いました。

スポンサードリンク


【MAYA】複雑なオブジェクトのUV展開の方法

複雑なオブジェクトのUV展開ですが、プリミティブのオブジェクトと違い、自分でCreate Polygon Toolなどで創ったオブジェクトのUV展開についてお話します。

UVについての記事はこちらにも書きましたので、よろしければどうぞ。

【MAYA】モデリングの基本操作、UV展開してテクスチャーの位置を合わせよう。

【MAYA】モデリングの基本、モデルに合わせたテクスチャーを作ろう!

まず、自作のオブジェクトのUVを展開します。オブジェクトを選んで、Windows→ UV Texture Editorを開くとこのような状態です。
チェッカーを当ててみるとこのような感じです。チェッカーはテクスチャーエディター右上の赤で囲んだ部分、チェッカーボタンを押すことで切り替えが出来ます。

チェッカーが正方形でないときはテクスチャーを当ててもきれいに反映されません。


まず、展開図をオブジェクトの形に近づけます。

Create UV’sのPlanner Mapping横の□を選んでオプションボックスを出します。

赤い四角で囲んだ部分でベストな方向を探ります。Fit projection toはBouding boxにし、Project fromのXYZCameraを選びます。いいかなと思う軸を選びます。ボックス下部のProjectや Applyを押して適用します。


このように先ほどより、形になっています。オブジェクト上 もしくはUV Texture Editorで右クリックEdge を選んで、開きたい部分のエッジを選びます。オレンジに選択されたら、イエローで囲んだハサミのボタンをクリックして、展開図を切断します。

ちゃんと切れているか確認するにはUV展開図でShiftと右クリックでピンクの下線部、Toggle Texture Bordersを選ぶと切断部を太線や通常表示に切り替えできます。

スポンサードリンク

 

これを開きます。

Texture Editorで右ドラッグしてUVを選び、展開図全体をドラッグして選択します。
選択した状態です。


UV Texture EditorのPolygonsからUnfoldsを選択します。

選択すると図を開くことが出来ます。


この図をチェッカーがきれいになるように、直します。

右クリックでUVを選択して、移動ツールやスケールツールで直していきます。

ご存じかと思いますが、ラインを真っすぐに直すのに、スケールツールが結構有効です。赤で囲んだ部分をドラッグで選択して白い四角で囲んだグリーンの部分をスケールの中心にドラッグであわせるようにすると、囲んだ部分が真っすぐになります。

また一旦切ってしまった部分をまた接合したい時は、UV Texture Editorで右ドラッグEdgeを選び、切ってしまったエッジを選択します。

その状態で、UV Texture EditorのPolygonsからMove and Sew UV Edgesを選ぶと選択したエッジが接合されます。



それなりに展開図をならし、チェッカーが正方形に表示されるようになったのを確認したら、チェッカーの表示を解除します。

それぞれの状態でテクスチャーをあててみた図です。テクスチャーの当て方は下記リンクに書きました。

【MAYA】テクスチャづくり、モデルへのテクスチャーの設定方法 

Planner Mapping後
Unfold後
ならした後
ここから、オブジェクトに対しておかしくないようにさらにUV展開図を触って、柄の表示を合わせていきます。

当たり前ですが、重くないようでしたら、チェッカーを表示しなくてもテクスチャーをあらかじめ当ててしまって、調節しても大丈夫かなと思います。

 

まとめ

1、オブジェクトを選んでWindows→ UV Texture Editorを開きます。

2、Create UV’sのPlanner Mapping横の□を選んでオプションボックスを出し、ベストな方向で適用します。

3、切断したいエッジを選んで、UV Texture Editorで右ドラッグUVを選び、展開図をドラッグで選択します。

4、UV Texture EditorのPolygonsからUnfoldsを選択します。

5、UV Texture Editorで右ドラッグしてUVを選び、移動ツールやスケールツールで直します。

6、キレイにオブジェクトの模様が表示できるように、UVを調整します。

初心者の内は複雑で一つ一つこなすのが大変ですが、慣れれば、問題なくスムースに出来るのではと思います。

UVについてはこちらにも書きました。

【MAYA】モデリングの基本操作、UV展開してテクスチャーの位置を合わせよう。

【MAYA】モデリングの基本、モデルに合わせたテクスチャーを作ろう!

スポンサードリンク

関連記事

【MAYA】基本操作、NURBSでモデリング、回転(Revolve)でうつわをつくろう!

器やポットなど作る時に役立つのがCurve toolで線を描いてそれを回転させる方法です。初心者のう

記事を読む

【MAYA】基本、二つのオブジェクトをつなげよう。マージツールについて。

二つのオブジェクトをつなげる、マージツールについて、エッジと頂点のマージについて書きました。(エッジ

記事を読む

【MAYA】モデリングの基本操作、エッジの追加ツール その1

ポリゴンを分割する方法はいくつかあり、それについて説明します。 スポンサードリンク

記事を読む

【MAYA】モデリング、簡単に穴を埋めてくれるポリゴン作成ツール、Fill Holeについて

モデリングをしているとき、行程上どうしても穴ができることがあったり、たまにポリゴンを気づかぬうちに消

記事を読む

【MAYA】アイソパラム(isoparm)でナーブスを変形しよう。カーブの選択や移動、追加など。

ナーブスサーフェースを分割したり、一体化したりする、アイソパラムについて書いてみました。 スポンサ

記事を読む

【MAYA】ペイントファーアトリビュートツールでファーを自由自在に操ろう。(Paint Fur Attribute Tool)

Furツールは2017年度版からメニューになくなってしまいましたが、MELを挿入することでまだ使用で

記事を読む

【MAYA】モデリング、スムースとソフトセレクトで変形させ、モデルのディテールづくりをしよう!

モデリングで繊細な表現がしたい時に役立ってくれるのがスムースツールとソフトイメージです。その使い方が

記事を読む

【MAYA】曲面づくりに便利。スカルプトツールを使って、モデリングを楽にしよう!

スカルプトツールはモデルを手動で成形するといびつになってしまうときに、とても役にたつツールだと思いま

記事を読む

【MAYA】Xgenを使って、オブジェクトに毛をはやす。

2017年度版からファーがメニューから無くなってしまい、これからはXgenを使うことが増えてくるかと

記事を読む

【MAYA】オブジェクトを放射状に押し出しする方法&フェースの間にできた余分なフェースを削除する方法

お恥ずかしい話ですが、わたしはMAYAを始めてしばらくしてから、放射状にフェースを押し出す方法を知り

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【情報】勉強時間をつくる方法

勉強時間はどうしても目標に応じた数が必要になると思います。その作り方に

【情報】勉強、学習計画の立て方を見直して、効率的にパワーアップしよう!

どんなものを学習するにせよ、計画をたてることで、より効率をあげ、より力

【MAYA】2016年、2017年度版のカラーコレクション設定方法についてです。

カラーコレクションの方法はmayaのバージョンが上がるたびに楽になって

【情報】デスクワーク、パソコン作業につきものの肩こり、腰痛をストレッチで緩和しよう!

デスクワーク、パソコン作業にはつきものの、目や首肩、腰痛ですが、それを

【情報】VRアワード2017が開催されます。

VRのコンテスト、VRアワード2017が開催されます。 【情報】VR

→もっと見る

PAGE TOP ↑