【MAYA】モデリングの基本、モデルに合わせたテクスチャーを作ろう!

公開日: : モデリング

UVテクスチャーにモデルのUVを合わせる方法のほかに、テクスチャーをモデルに合わせて作る方法をお話します。UV展開についてはいろんな操作があり、混乱してしまいますが、一つ一つ覚えていけば問題ないと思います。自分としても、ゆっくり覚えていこうと思います。

スポンサードリンク


【MAYA】モデリングの基本、モデルに合わせたテクスチャーを作ろう!

出来上がっているUVテクスチャーにモデルのUVを合わせる方法もありますが、あらかじめ作ったモデルにテクスチャーを合わせてつくる方法をお話します。

テクスチャーにUVを合わせる方法はこちらでお話しています。

【MAYA】モデリングの基本操作、UV展開してテクスチャーの位置を合わせよう。

 

まずモデルポリゴンスフィアを作ります。Create → Polygon primitives → sphere


このデフォルト(といえばいいのでしょうか)のモデルにはあらかじめUVがついています。

このオブジェクトを選択して、Windows→ UV Texture Editorを選びます。

すると、このモデルのUVが展開されています。


こちらのUVをフォトショップに出して、フォトショップで編集して、MAYAに持ってくる方法をとります。

まず、UV Texture Editor→ Polygons→ UV Snap Shotを選びます。


 

ボックスが立ち上がるので、設定をします。File nameで保存場所を選び(Brouseで場所を選べます。)、Image formatでファイルタイプを選びます。

保存をしたら、フォトショップでそのファイルを開きます。

maya Iffで保存するとレイヤーとして、そのファイルが開かれます。JPEGで保存してみたところ、フォトショップで背景として、出てきました。個人的にはレイヤとして出てきた方が作業しやすい感じがします。


そのレイヤーの下に新たにレイヤーを作り、テクスチャーを作っていきます。


テクスチャーができたら、UVの枠線が入ったレイヤーを非表示などにして、保存します。

mayaに戻ります。

オブジェクトを選択して、マテリアルを設定します。今回はlambertにしてみました。デフォルトでLambert がついていますが、これは使わない方がよいそうです。なので、新たにマテリアルを設定します。

(テクスチャーの設定は下記リンクでお話しています。

【MAYA】テクスチャづくり、モデルへのテクスチャーの設定方法 

オブジェクトにテクスチャーが適用されたら、テンキーの6キーを押すと、適用されたか確認できます。


また、オブジェクトを選んでUV Texture Editorを開くと、きちんとUV展開図に沿ってオブジェクトが貼られているのがわかります。


 

まとめ

1、モデルを選んで、、Windows→ UV Texture Editorを選びます。

2、UV Texture Editor→ Polygons→ UV Snap Shotを選びます。ボックスが立ち上がるので、設定をします。

3、フォトショップを開き、保存したファイルを開き、UVガイド線に合わせてテクスチャーを作ります。

4、mayaに戻り、つくったファイルをオブジェクトのテクスチャーに適用します。

 

テクスチャーにUVを合わせる方法はこちらでお話しています。

【MAYA】モデリングの基本操作、UV展開してテクスチャーの位置を合わせよう。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

関連記事

【MAYA】モデリングをする時に便利!イメージプレーンへの画像の読み込み方

モデリングをするときに、下図を表示してそれに合わせて作ることができるイメージプレーンの機能は本当にあ

記事を読む

【MAYA】モデリング、スムースとソフトセレクトで変形させ、モデルのディテールづくりをしよう!

モデリングで繊細な表現がしたい時に役立ってくれるのがスムースツールとソフトイメージです。その使い方が

記事を読む

【MAYA】モデリング、クリエイトポリゴンツールとマルチカットツールで好きな形に板ポリゴンを作って分割しよう。

自分の思う形状に板ポリゴンをつくり、それを自分の希望に合わせて分割できるツールいついて、書いてみまし

記事を読む

【MAYA】ラティスデフォーマ―でオブジェクトを変形させよう。

複数のオブジェクトをまとめて編集できる便利なラティスについて書いてみました。 スポンサードリンク

記事を読む

【MAYA】スムースやテクスチャなど、画面表示の変更方法について説明します。

MAYAの画面表示は数字キーで変えることができ、とても便利です。 どの番号でどの表示となるのか

記事を読む

【MAYA】ノンリニアデフォーマ―で手軽にキレイなアニメーションやモデリング。②(Squash Twist Wave)

これまで手で形をつけていたアニメーションやモデリングがきれいにできる、ノンリニアデフォーマ―について

記事を読む

【MAYA】モデリングの基本操作、UV展開してテクスチャーの位置を合わせよう。

UVと最初聞いた時は何のことかさっぱりわからず(まず”紫外線”が浮かんでしまう位でした。)よくわから

記事を読む

【MAYA】デタッチツールや分離ツールでメッシュを分割しよう!

初心者のうちは、よくわからなくて、戸惑ってしまうメッシュの分割についてかいてみました。 スポンサー

記事を読む

【MAYA】ペイントファーアトリビュートツールでファーを自由自在に操ろう。(Paint Fur Attribute Tool)

Furツールは2017年度版からメニューになくなってしまいましたが、MELを挿入することでまだ使用で

記事を読む

【MAYA】基本操作、画面内の移動やズーム、回転の方法や画面分割についてです。

MAYAを習っていて一番初めに習う基本操作です。これを書いていると 最初に触っていた頃のワクワ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【MAYA】Xgenを使って、オブジェクトに毛をはやす。

2017年度版からファーがメニューから無くなってしまい、これからはXg

【MAYA】2017年度版、MELを使用してメニューへファー(Fur)を呼びこもう!

めmaya2017年度版から、Furがメニューから消えてしまいました。

【情報】福岡で就職をお考えの方に。福岡クリエイティブキャンプとそのイベントのご紹介

福岡で就職をお考えのクリエイターの方向けのプロジェクトがあります。

【情報】手近に楽しめる、スマホでのVR体験動画コンテンツ。

スポンサードリンク 【情報】手近に楽しめる、スマホでのVR体

【情報】(終了)最新ゲームが体験できるイベント、ジャパンアミューズメントエキスポ2017が開幕です!

ゲームの祭典が幕張メッセでひらかれています。楽しんで勉強できる、いい機

→もっと見る

PAGE TOP ↑