【MAYA】モデリングの基本、モデルに合わせたテクスチャーを作ろう!

公開日: : モデリング

UVテクスチャーにモデルのUVを合わせる方法のほかに、テクスチャーをモデルに合わせて作る方法をお話します。UV展開についてはいろんな操作があり、混乱してしまいますが、一つ一つ覚えていけば問題ないと思います。自分としても、ゆっくり覚えていこうと思います。

スポンサードリンク


【MAYA】モデリングの基本、モデルに合わせたテクスチャーを作ろう!

出来上がっているUVテクスチャーにモデルのUVを合わせる方法もありますが、あらかじめ作ったモデルにテクスチャーを合わせてつくる方法をお話します。

テクスチャーにUVを合わせる方法はこちらでお話しています。

【MAYA】モデリングの基本操作、UV展開してテクスチャーの位置を合わせよう。

 

まずモデルポリゴンスフィアを作ります。Create → Polygon primitives → sphere


このデフォルト(といえばいいのでしょうか)のモデルにはあらかじめUVがついています。

このオブジェクトを選択して、Windows→ UV Texture Editorを選びます。

すると、このモデルのUVが展開されています。


こちらのUVをフォトショップに出して、フォトショップで編集して、MAYAに持ってくる方法をとります。

まず、UV Texture Editor→ Polygons→ UV Snap Shotを選びます。


 

ボックスが立ち上がるので、設定をします。File nameで保存場所を選び(Brouseで場所を選べます。)、Image formatでファイルタイプを選びます。

保存をしたら、フォトショップでそのファイルを開きます。

maya Iffで保存するとレイヤーとして、そのファイルが開かれます。JPEGで保存してみたところ、フォトショップで背景として、出てきました。個人的にはレイヤとして出てきた方が作業しやすい感じがします。


そのレイヤーの下に新たにレイヤーを作り、テクスチャーを作っていきます。


テクスチャーができたら、UVの枠線が入ったレイヤーを非表示などにして、保存します。

mayaに戻ります。

オブジェクトを選択して、マテリアルを設定します。今回はlambertにしてみました。デフォルトでLambert がついていますが、これは使わない方がよいそうです。なので、新たにマテリアルを設定します。

(テクスチャーの設定は下記リンクでお話しています。

【MAYA】テクスチャづくり、モデルへのテクスチャーの設定方法 

オブジェクトにテクスチャーが適用されたら、テンキーの6キーを押すと、適用されたか確認できます。


また、オブジェクトを選んでUV Texture Editorを開くと、きちんとUV展開図に沿ってオブジェクトが貼られているのがわかります。


 

まとめ

1、モデルを選んで、、Windows→ UV Texture Editorを選びます。

2、UV Texture Editor→ Polygons→ UV Snap Shotを選びます。ボックスが立ち上がるので、設定をします。

3、フォトショップを開き、保存したファイルを開き、UVガイド線に合わせてテクスチャーを作ります。

4、mayaに戻り、つくったファイルをオブジェクトのテクスチャーに適用します。

 

テクスチャーにUVを合わせる方法はこちらでお話しています。

【MAYA】モデリングの基本操作、UV展開してテクスチャーの位置を合わせよう。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

関連記事

【MAYA】ラティスデフォーマ―でオブジェクトを変形させよう。

複数のオブジェクトをまとめて編集できる便利なラティスについて書いてみました。 スポンサードリンク

記事を読む

【MAYA】基本操作エッジの追加ツールその2 (2015年度版以降ではメニューにない機能です)

2015年度版を使っているのですが、2015年度版ではなくなってしまった分割の機能があると聞きました

記事を読む

【MAYA】ノンリニアデフォーマ―で手軽にキレイなアニメーションやモデリング。②(Squash Twist Wave)

これまで手で形をつけていたアニメーションやモデリングがきれいにできる、ノンリニアデフォーマ―について

記事を読む

【MAYA】基本操作、これは便利!カーブツールでモデリング。紐をつくろう。

ナーブスで紐を作ってみようと思います。カーブのパスと紐の太さや形状をあらわすパス二つを書いて、Ext

記事を読む

【MAYA】基本、軸の切り替えや一体性によってフェースの押し出しの形が違ってくる!

ワールド、ローカル軸のどちらかで押し出すかや、フェースの一体性を保つかどうかで押し出しの形状が異なっ

記事を読む

【MAYA】モデリングの基本操作、マテリアルをオブジェクトに適用するには。

mayaには様々なマテリアルがあり、多彩な表現が可能です。またテクスチャを貼り付けることもできます。

記事を読む

【MAYA】曲面づくりに便利。スカルプトツールを使って、モデリングを楽にしよう!

スカルプトツールはモデルを手動で成形するといびつになってしまうときに、とても役にたつツールだと思いま

記事を読む

【MAYA】モデリングの基本操作、エッジの追加ツール その1

ポリゴンを分割する方法はいくつかあり、それについて説明します。 スポンサードリンク

記事を読む

【MAYA】テクスチャづくり、モデルへのテクスチャーの設定方法

葉っぱのテクスチャをつくりましたが、そのテクスチャーをモデルに適用させる方法について、書きました。

記事を読む

【MAYA】モデリングの基本操作、便利な面取りツール、ベベル(Bevel)についてです。

工業製品など、面取りをすることがあると思うのですが、そんな時のお助けツール、Bevelについてです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【情報】VRの医療方面での開発、外科手術のトレーニングや、鬱の改善に。

自分のメモとして、VR技術の利用についてまとめておこうと思いました。医

【情報】アニメーションの要、リグの作成についてのセミナーが開かれます。(MAYA)

リグは難しいイメージがあり、自分もわからないことだらけですが、根気よく

【情報】VRを装着、ライドに乗ってエヴァンゲリオンの世界へ。USJのアトラクション

VRを装着して、さらにライドに乗り込む、新たな世界を体験できる世界初、

【MAYA】キャラクターセットアップ③ IKとFKの違いと優先回転角について。

IKとFKの違いは、わかればそんなに難しくないのですが、アニメーション

【情報】自動社業界、建築土木業界など産業界でのVR導入事例について。

VRはエンターテイメントだけでなく、自動車業界や、建築土木業界など産業

→もっと見る

PAGE TOP ↑