【MAYA】オブジェクトにペイントしてテクスチャが作れる!3Dペイントツールについて。

公開日: : モデリング

mayaはほんとに奥深い、すごいソフトだなと思っていましたが、このツールを知ったときにこんな機能も付けてくれていたんだとちょっと驚きました。maya上でペイントしてそれをテクスチャにできるなんて、便利ですね!

 

スポンサードリンク


【MAYA】オブジェクトにペイントしてテクスチャが作れる!3Dペイントツールについて。

Torusをシーンに出しておきました。簡単ではありますが、これからドーナツの色付けをしようと思います。

 

3D Paint Toolでの色塗りなどの編集作業

メニューのリストをRenderingにしておきます。Torusを選んで、Texturing→3d Paint tool横の□を選んでオプション表示します。Tool Settingsが表示されます。

tex1
まず、Attribute of Paint(上図水色のライン)でペイントしたいアトリビュートを選びます。様々なものにペイントしてテクスチャを作ることができます。Ambient、 Bump Map、Color、Diffuse、Displacement 等々選ぶことが出来ます。本当に便利です。

tex2
今回はColorを選び、Assign/Edit Textures(上図紫のライン)を押します。するとAssign/Edit File Texturesボックスが表示されるので、そこでサイズを決めて(下図ブルーで囲んだSize XY)下にあるAssign/Edit Texturesボタン(下図オレンジで囲んだボタン)

を押すと、テクスチャーを作れるようになります。

tex3
Tool Settingsのグリーンで囲んだBrushはBrushの設定を変える事が出来ます。赤で囲んだColorはブラシでペイントする色を決められます。ピンクで囲んだFloodは塗りつぶしの色を設定できます。いずれもColorの横のボックスをクリックして色を選べます。Floodの場合は色を決めたら、Folld Paintを押すとオブジェクトに塗りつぶしが適用されます。消したかったらFlood Eraseを選ぶと塗りつぶしが消去されます。

Colorの場合は色を決めたらブラシでオブジェクトに直接塗って行きます。

Folldでドーナツの色を塗ります。きつね色になりました。

tex8
次にColorでアイシングの白を塗っていきます。赤い○はブラシのサイズです。Bボタンと左ドラッグでブラシサイズを変更できます。tex5
Paint OperartionsのBlur(黄色で囲んだ部分です。)にチェックを入れペイントすると、ぼかしを入れることができます。この図だとすみません、ちょっと見づらいのですが、ドーナツの上の部分を見るとわかりやすい気がします。

tex6
 

 

スポンサードリンク

 

 

 

試しにBump Mapを選んでペイントすると、このように凹凸が表現されました。

tex13
 

テクスチャーのセーブ

 

ペイントしただけだと、テクスチャーのセーブはされていないので、これからセーブします。アトリビュートエディターのColor横のチェッカーボックス(赤で囲んだ部分)を押すと、これまで塗ったノードが出来ています。

tex7 tex9
 

再度、Texturing→3d Paint tool横の□を選んでオプション表示します。Save Texturesのボタン(一番上の図のオレンジのライン)を押します。すると、Attribute EditorのImage Nameにテクスチャーの場所と名前が表示されます。フォルダのボタンを押すと、どこに作成されたのか、表示されます。これにより、のちのテクスチャの編集が可能になります。

tex12
 

Bump Mapの場合も観てみますと、Colorの時と同じく、Bump Mappingの横の矢印を押すとノードが出てきます。Image Nameの所に場所と名前が表示されます。当たり前ではありますが、これはDiffuseなど他のものでも同様になります。

tex14
tex15
 

まとめ

3d Paint Toolを使用したい場合はオブジェクトを選んで、Texturing→3d Paint tool横の□を選んでオプション表示します。Tool Settingsからブラシや塗りつぶしの設定や、テクスチャの保存などが出来ます。

塗っただけだと、テクスチャーは保存されていないので、必ず保存します。

 

バンプとか、フォトショップをつかって作成していたものが、こちらでできてしまうのは驚きでした、これから活用したいです。

 

スポンサードリンク

関連記事

【MAYA】マテリアルで金属やガラスの質感をつくろう!

マテリアルの基本・・というか、最初の頃に取り組むのがガラスや金属の質感づくりだと思うのですが、その辺

記事を読む

【MAYA】基本操作、NURBSでモデリング、回転(Revolve)でうつわをつくろう!

器やポットなど作る時に役立つのがCurve toolで線を描いてそれを回転させる方法です。初心者のう

記事を読む

【MAYA】スムースやテクスチャなど、画面表示の変更方法について説明します。

MAYAの画面表示は数字キーで変えることができ、とても便利です。 どの番号でどの表示となるのか

記事を読む

【MAYA】被写界深度を調節しよう。① サーフェスシェーダーを調節しデプスをつくる。

モデリングで最終絵に被写界深度をつけたいときに、MAYAでデプスマップをつくり、それをアフターエフェ

記事を読む

【MAYA】基本、フェースの押し出し(Extrude)、移動、スケールツールを使って簡単な飛行機を作ってみました!

Extrudeは押し出しツールですが、全く3Dを触ったことがない人にとっては、混乱してしまうツールだ

記事を読む

【MAYA】基本操作、さまざまなライトの種類とその効果、設定について。

ライトはいろんな種類があり、最初は混乱するものの一つだと思います。でもモデリング、アニメーション、エ

記事を読む

【MAYA】知らないとモデリングが上手くいかない…ポリゴンの表と裏、法線についてです。

最初の頃は法線についてしらず、あれ?なんかモデルの一部が黒いぞ・・・。と思いながら操作をしていて、モ

記事を読む

【MAYA】ファー(Fur)でオブジェクトに毛をはやそう!

ファーは2017年度版ではデフォルトでメニューがなくなってしまっていますが、(MELに書き込みをする

記事を読む

【MAYA】モデリング、クリエイトポリゴンツールとマルチカットツールで好きな形に板ポリゴンを作って分割しよう。

自分の思う形状に板ポリゴンをつくり、それを自分の希望に合わせて分割できるツールいついて、書いてみまし

記事を読む

【MAYA】基本操作、モデリングができたらヒストリーを削除しよう!

MAYAはモデリングした履歴をためていきます。、それがたくさんたまると動作が重くなります。動作を軽く

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【MAYA】2017年度版レンダラ―、アーノルド(Arnord)のノイズ調整について少し書きました。

2017年度版から、mayaにはアーノルドレンダラ―が入りました。自分

【MAYA】Xgenを使って、オブジェクトに毛をはやす。

2017年度版からファーがメニューから無くなってしまい、これからはXg

【MAYA】2017年度版、MELを使用してメニューへファー(Fur)を呼びこもう!

maya2017年度版から、Furがメニューから消えてしまいました。た

【情報】福岡で就職をお考えの方に。福岡クリエイティブキャンプとそのイベントのご紹介

福岡で就職をお考えのクリエイターの方向けのプロジェクトがあります。

【情報】手近に楽しめる、スマホでのVR体験動画コンテンツ。

スポンサードリンク 【情報】手近に楽しめる、スマホでのVR体

→もっと見る

PAGE TOP ↑