【MAYA】ラティスデフォーマ―でオブジェクトを変形させよう。

公開日: : 最終更新日:2016/10/23 アニメーション, モデリング

複数のオブジェクトをまとめて編集できる便利なラティスについて書いてみました。

スポンサードリンク


【MAYA】ラティスデフォーマ―でオブジェクトを変形させよう。

Latticeは複数のオブジェクトをまとめて変形できる便利な機能で、アニメーションやモデリングでとても便利に使えるツールです。そのLatticeについて書きました。

Latticeの設定の仕方

Torusをラティスで変更してみようと思います。

la1
まずはオブジェクトを選んで、メニューセットAnimation、Create Deformer→Latticeの横の□を選ぶとオブションが開きます。

la2
 

ApplyもしくはCreateを押すと適用されます。Lattice OptionsのDivisionsはChannel Box/Layer EditorのSHAPESで変更できます。

la4
ラティスを適用しました。

la3
ラティスを選択した状態で右クリックして、Latice Pointを選ぶと、Latice Pointを移動することが出来るようになります。変形させたいLattce Pointを選択すると黄色くなり、そのLattce Pointを移動、回転、スケールによって変形をかけていきます。la6
la5
 

基本的にオブジェクトはラティスから出てしまうと、その効果がなくなり、ラティスをかける前の形に戻ります。

またラティスの中にオブジェクトを戻すと、ラティスでの変形がオブジェクトに戻ります。la9
また複数のオブジェクトをまとめて変形できるのもラティスの大きな特徴になります。

下図はCylinderとConeを上下に重ねていますが、この二つを同時に選択してラティスをかけると一緒に変形できます。

 

la24
 

 

スポンサードリンク


Lattice Optionsについて

Lattice Optionsについて説明します。

DivisionsはLatticeの分割数を設定できます。

Local modeにチェックを入れると、Local divisionsに入力ができるようになります。Local divisionの数字はラティスポイントの数で移動などの変形が作用する範囲を表します。この数字が2だった場合、移動したラティスポイントから次のラティスポイントの間のみになります。

la2
Positioning

チェックを入れるとラティスのできる位置をオブジェクトの中心に持ってくることができます。入っていないと下図のようになります。

la19
Grouping

Latticeを適用するとOutlinerにffd 1Latticeとffd 1baseができます。チェックを入れるとこれらを一緒に移動回転、スケールが出来ます。チェックしていないとそれぞれを選択して動かさないと動かすことができません。

Groupingにチェックを入れずにラティスを適用、Baseを回転させてみましたが、Baseのみ回転してラティスはそのままになっているのがわかります。

la8
ここでGroupingにチェックを入れてOutlinerのオレンジ下線部のffd 1Lattice Groupを選択して回転させると、両方一緒に動かせます。

la11
Parenting

チェックを入れていないと、Torusを選択して動かすと、Torusのみが動き、ラティスが置いていかれますが、チェックを入れると、Torusを動かしたときにラティスが一緒についてくるようになります。

la12
下図はグリッドの中心付近にあったTorusを右にもっていった図です。ラティスがついていっています。

Freeze Mode

これにチェックを入れると、Torusを移動、回転やスケールで変化させてもラティスにより、その動きが抑えられ、変化しなくなります。Channel Box/Layer Editorの値を見ると、動かした分だけ変化しているのですが、(マニピュレーターも移動しています。)しかしTorusが置かれているのは、移動前の位置になります。la22 la21
ラティスをOutlinerから削除すると、Torusにかかっていた拘束が解除され、オブジェクトはChannel Box/Layer Editorに出ていた数値の状態となります。

la23
 

まとめ

Animation、Create Deformer→Latticeの横の□を選ぶとオブションが開くので、そこで設定します。

ラティスを選択した状態で右クリックして、Latice Pointを選ぶと、Latice Pointを移動することが出来るようになります。移動、回転、スケールをかけることができます。

ラティスとオブジェクトの関係は、オプションで様々に設定できます。

 

スポンサードリンク

関連記事

【MAYA】シャドウについて、オブジェクトの影の落とし方。投影やぼかしの方法について。

光を表すのに重要な役割をしてくれる影について、書いてみました。当たり前ではありますが光と影はセットで

記事を読む

【MAYA】基本、二つのオブジェクトをつなげよう。マージツールについて。

二つのオブジェクトをつなげる、マージツールについて、エッジと頂点のマージについて書きました。(エッジ

記事を読む

【MAYA】グラフエディタの基本操作、ホットキーを用いた表示変更やグラフの移動

慣れないうちは何度か確認してしまうグラフエディタの基本操作について書きました。 スポンサードリンク

記事を読む

【MAYA】アニメーション、グラフエディタで特定のカーブをブックマークする便利ツール

アニメーションをつくっていると、同じグラフを何度も選んだりすることがあり、そのつど、下へスクロールさ

記事を読む

【MAYA】便利機能、アニメーションのタイムラインのずらし方。②タイムスライダ上でのずらし方。

アニメーションをやっていて、時々グラフを動かしたい時があります。そんな時の便利な方法をお話します。①

記事を読む

【MAYA】キャラクターセットアップ② スケルトンとオブジェクトのバインドとウエイト調整

キャラクターセットアップ、ジョイントツールでつくったスケルトンをオブジェクトに結びつけるバインドと、

記事を読む

【MAYA】これはよく使う!アニメーション、キーフレームのコピーペースト方法

アニメーション作成時に、キーフレームの値をほかのフレームにコピーしたい時がありますが、そんな時のため

記事を読む

【MAYA】基本操作、モデリングができたらヒストリーを削除しよう!

MAYAはモデリングした履歴をためていきます。、それがたくさんたまると動作が重くなります。動作を軽く

記事を読む

【MAYA】基本、アニメーションの幅が広がる、エイムコンストレインについて。

アニメーションの拘束関係、エイムコンストレインについて書いてみました。動く物を見つめる目などに使える

記事を読む

【MAYA】オブジェクトにペイントしてテクスチャが作れる!3Dペイントツールについて。

mayaはほんとに奥深い、すごいソフトだなと思っていましたが、このツールを知ったときにこんな機能も付

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【情報】勉強時間をつくる方法

勉強時間はどうしても目標に応じた数が必要になると思います。その作り方に

【情報】勉強、学習計画の立て方を見直して、効率的にパワーアップしよう!

どんなものを学習するにせよ、計画をたてることで、より効率をあげ、より力

【MAYA】2016年、2017年度版のカラーコレクション設定方法についてです。

カラーコレクションの方法はmayaのバージョンが上がるたびに楽になって

【情報】デスクワーク、パソコン作業につきものの肩こり、腰痛をストレッチで緩和しよう!

デスクワーク、パソコン作業にはつきものの、目や首肩、腰痛ですが、それを

【情報】VRアワード2017が開催されます。

VRのコンテスト、VRアワード2017が開催されます。 【情報】VR

→もっと見る

PAGE TOP ↑