【MAYA】ラティスデフォーマ―でオブジェクトを変形させよう。

公開日: : 最終更新日:2016/10/23 アニメーション, モデリング

複数のオブジェクトをまとめて編集できる便利なラティスについて書いてみました。

スポンサードリンク


【MAYA】ラティスデフォーマ―でオブジェクトを変形させよう。

Latticeは複数のオブジェクトをまとめて変形できる便利な機能で、アニメーションやモデリングでとても便利に使えるツールです。そのLatticeについて書きました。

Latticeの設定の仕方

Torusをラティスで変更してみようと思います。

la1
まずはオブジェクトを選んで、メニューセットAnimation、Create Deformer→Latticeの横の□を選ぶとオブションが開きます。

la2
 

ApplyもしくはCreateを押すと適用されます。Lattice OptionsのDivisionsはChannel Box/Layer EditorのSHAPESで変更できます。

la4
ラティスを適用しました。

la3
ラティスを選択した状態で右クリックして、Latice Pointを選ぶと、Latice Pointを移動することが出来るようになります。変形させたいLattce Pointを選択すると黄色くなり、そのLattce Pointを移動、回転、スケールによって変形をかけていきます。la6
la5
 

基本的にオブジェクトはラティスから出てしまうと、その効果がなくなり、ラティスをかける前の形に戻ります。

またラティスの中にオブジェクトを戻すと、ラティスでの変形がオブジェクトに戻ります。la9
また複数のオブジェクトをまとめて変形できるのもラティスの大きな特徴になります。

下図はCylinderとConeを上下に重ねていますが、この二つを同時に選択してラティスをかけると一緒に変形できます。

 

la24
 

 

スポンサードリンク


Lattice Optionsについて

Lattice Optionsについて説明します。

DivisionsはLatticeの分割数を設定できます。

Local modeにチェックを入れると、Local divisionsに入力ができるようになります。Local divisionの数字はラティスポイントの数で移動などの変形が作用する範囲を表します。この数字が2だった場合、移動したラティスポイントから次のラティスポイントの間のみになります。

la2
Positioning

チェックを入れるとラティスのできる位置をオブジェクトの中心に持ってくることができます。入っていないと下図のようになります。

la19
Grouping

Latticeを適用するとOutlinerにffd 1Latticeとffd 1baseができます。チェックを入れるとこれらを一緒に移動回転、スケールが出来ます。チェックしていないとそれぞれを選択して動かさないと動かすことができません。

Groupingにチェックを入れずにラティスを適用、Baseを回転させてみましたが、Baseのみ回転してラティスはそのままになっているのがわかります。

la8
ここでGroupingにチェックを入れてOutlinerのオレンジ下線部のffd 1Lattice Groupを選択して回転させると、両方一緒に動かせます。

la11
Parenting

チェックを入れていないと、Torusを選択して動かすと、Torusのみが動き、ラティスが置いていかれますが、チェックを入れると、Torusを動かしたときにラティスが一緒についてくるようになります。

la12
下図はグリッドの中心付近にあったTorusを右にもっていった図です。ラティスがついていっています。

Freeze Mode

これにチェックを入れると、Torusを移動、回転やスケールで変化させてもラティスにより、その動きが抑えられ、変化しなくなります。Channel Box/Layer Editorの値を見ると、動かした分だけ変化しているのですが、(マニピュレーターも移動しています。)しかしTorusが置かれているのは、移動前の位置になります。la22 la21
ラティスをOutlinerから削除すると、Torusにかかっていた拘束が解除され、オブジェクトはChannel Box/Layer Editorに出ていた数値の状態となります。

la23
 

まとめ

Animation、Create Deformer→Latticeの横の□を選ぶとオブションが開くので、そこで設定します。

ラティスを選択した状態で右クリックして、Latice Pointを選ぶと、Latice Pointを移動することが出来るようになります。移動、回転、スケールをかけることができます。

ラティスとオブジェクトの関係は、オプションで様々に設定できます。

 

スポンサードリンク

関連記事

【MAYA】ナーブスモデリング、ロフトを使っていろんな形をつくる。

いろんな形を作ることができる、便利な基本ツール、ロフトについて、書きました。 スポンサードリンク

記事を読む

【MAYA】レンダー設定にmentalrayが表示されない!表示させるには?!

レンダリングしようと思ったときに、メンタルレイがレンダー設定にない!という事態に陥り、焦ったことがあ

記事を読む

【MAYA】モデリングをする時に便利!イメージプレーンへの画像の読み込み方

モデリングをするときに、下図を表示してそれに合わせて作ることができるイメージプレーンの機能は本当にあ

記事を読む

【MAYA】まずはここから、基本操作、プロジェクト設定をしよう!

MAYAで創作を始めるときに、まずしなくてはならないののが新しいプロジェクトをおこし、そこにMAYA

記事を読む

【MAYA】ペイントファーアトリビュートツールでファーを自由自在に操ろう。(Paint Fur Attribute Tool)

Furツールは2017年度版からメニューになくなってしまいましたが、MELを挿入することでまだ使用で

記事を読む

【MAYA】便利機能、アニメーションのタイムラインのずらし方。②タイムスライダ上でのずらし方。

アニメーションをやっていて、時々グラフを動かしたい時があります。そんな時の便利な方法をお話します。①

記事を読む

【MAYA】アニメーションの基本、スケールコンストレインについて。

アニメーションの拘束関係、方向を拘束するスケールコンストレインについて書いてみました。他のコンストレ

記事を読む

【MAYA】モデリングの基本操作、エッジの追加ツール その1

ポリゴンを分割する方法はいくつかあり、それについて説明します。 スポンサードリンク

記事を読む

【MAYA】基本、アニメーション、グラフエディタのハンドル操作についてです。

しばらくアニメーションから離れていると、忘れてしまったりして、ハンドル操作などいざやってみるとあれ?

記事を読む

【MAYA】基本、バッチレンダーでアニメーションのレンダリングをしよう。

アニメーションのレンダリング方法についてですが、静止画の時と動画とは当然ながらレンダリング方法が違う

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【MAYA】2017年度版レンダラ―、アーノルド(Arnord)のノイズ調整について少し書きました。

2017年度版から、mayaにはアーノルドレンダラ―が入りました。自分

【MAYA】Xgenを使って、オブジェクトに毛をはやす。

2017年度版からファーがメニューから無くなってしまい、これからはXg

【MAYA】2017年度版、MELを使用してメニューへファー(Fur)を呼びこもう!

maya2017年度版から、Furがメニューから消えてしまいました。た

【情報】福岡で就職をお考えの方に。福岡クリエイティブキャンプとそのイベントのご紹介

福岡で就職をお考えのクリエイターの方向けのプロジェクトがあります。

【情報】手近に楽しめる、スマホでのVR体験動画コンテンツ。

スポンサードリンク 【情報】手近に楽しめる、スマホでのVR体

→もっと見る

PAGE TOP ↑