【MAYA】マテリアルで金属やガラスの質感をつくろう!

公開日: : 最終更新日:2016/09/30 モデリング

マテリアルの基本・・というか、最初の頃に取り組むのがガラスや金属の質感づくりだと思うのですが、その辺りをまとめてみました。

スポンサードリンク


【MAYA】マテリアルで金属やガラスの質感をつくろう!

マテリアルはmia_materialを使おうと思います。

mia_materialは前提としてFinal Gatheringを使用する事があげられるので、まず、Final Gatheringをオンにします。オレンジで囲んだボタンをおし、Render Settingsをひらき、黄色で囲んだRenderUsingをmentalrayにします。Indirect LightingタブのFinal Gatheringにチェックを入れます。

 

mentalfinalgathering

オブジェクトにmia_material_xを適用します。

miamaterial

Attribute Editorにmia_material_Xのタブが作られるので、そこで金属やガラスの質感を調整します。

 

初心者の場合はpresetを使用するとよいです。miamaterial2

presetsボタンを押すとメニューが出てくるのでその中から選びreplaceを押すとそのプリセットが適用されます。
miamaterial6
プリセットは金属ではChromeやStained Metalなどが使われます。

ガラスではGlass ThickやGlass Thinなど使います。

金属ではメニューのピンクで囲んだ部分reflectionを主にさわって質感の調整をします。

ガラスではメニューの緑で囲んだ部分、reflractionを主にさわって質感の調整をします。

miamaterial8
お粗末ですが、金属やガラスの質感をオブジェクトに着けることができました。

miamaterial10 miamaterial5

まとめ

Rennder Settingでmentalrayを選ぶ。

Final Gatheringをオンにします。

mia_materialを選びます。

presetやReflection、Refractionを使用して、その質感を調整します。

スポンサードリンク

 

 

関連記事

【MAYA】基本操作、二つのオブジェクトを結合しよう。ブリッジ編

別々につくったオブジェクトを一つにしたい、モデリングではよく出てくることですが、そんな時に使えるツー

記事を読む

【MAYA】曲面づくりに便利。スカルプトツールを使って、モデリングを楽にしよう!

スカルプトツールはモデルを手動で成形するといびつになってしまうときに、とても役にたつツールだと思いま

記事を読む

【MAYA】レンダー設定にmentalrayが表示されない!表示させるには?!

レンダリングしようと思ったときに、メンタルレイがレンダー設定にない!という事態に陥り、焦ったことがあ

記事を読む

【MAYA】Xgenを使って、オブジェクトに毛をはやす。

2017年度版からファーがメニューから無くなってしまい、これからはXgenを使うことが増えてくるかと

記事を読む

【MAYA】オブジェクトの回転や拡大縮小を制御する、ピボットの移動やリセット

ピボットポイントとは、オブジェクトを選択し移動モードや回転モードになったときに、表示されるマニピュレ

記事を読む

【MAYA】アンビエントオクルージョンの設定して、モデルをよりリアルに見せよう!

モデルを最終絵にするときに、オクルージョンを設置すると、より設置した感じが増すと思います。アンビエン

記事を読む

【MAYA】シャドウについて、オブジェクトの影の落とし方。投影やぼかしの方法について。

光を表すのに重要な役割をしてくれる影について、書いてみました。当たり前ではありますが光と影はセットで

記事を読む

【MAYA】モデリングの基本、モデルに合わせたテクスチャーを作ろう!

UVテクスチャーにモデルのUVを合わせる方法のほかに、テクスチャーをモデルに合わせて作る方法をお話し

記事を読む

【MAYA】基本、軸の切り替えや一体性によってフェースの押し出しの形が違ってくる!

ワールド、ローカル軸のどちらかで押し出すかや、フェースの一体性を保つかどうかで押し出しの形状が異なっ

記事を読む

【Photoshop&MAYA】モデルのテクスチャをよりリアルに。スペキュラー、バンプマップの作り方とその読み込み

テクスチャの光沢や反射などを表現するスペキュラーマップや凹凸を表現するバンプマップなどの作成方法につ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【MAYA】2017年度版レンダラ―、アーノルド(Arnord)のノイズ調整について少し書きました。

2017年度版から、mayaにはアーノルドレンダラ―が入りました。自分

【MAYA】Xgenを使って、オブジェクトに毛をはやす。

2017年度版からファーがメニューから無くなってしまい、これからはXg

【MAYA】2017年度版、MELを使用してメニューへファー(Fur)を呼びこもう!

maya2017年度版から、Furがメニューから消えてしまいました。た

【情報】福岡で就職をお考えの方に。福岡クリエイティブキャンプとそのイベントのご紹介

福岡で就職をお考えのクリエイターの方向けのプロジェクトがあります。

【情報】手近に楽しめる、スマホでのVR体験動画コンテンツ。

スポンサードリンク 【情報】手近に楽しめる、スマホでのVR体

→もっと見る

PAGE TOP ↑