【MAYA】ナーブスモデリング、ロフトを使っていろんな形をつくる。

公開日: : モデリング

いろんな形を作ることができる、便利な基本ツール、ロフトについて、書きました。

スポンサードリンク


【MAYA】ナーブスモデリング、ロフトを使っていろんな形をつくる。

ナーブスを使ってできる、モデリングツール、ロフトについてお話します。

loft(ロフト)とは

ロフトは、カーブを用いて、モデルを作る方法です。

NURBSのcircleを3つ作り、選択しています。
lo1
この状態でメニューセットSurfaces→Surfaces→Loftを選びます。

するとNURBSのcircleの間にサーフェスが出来ました。

lo3
 

また、CV Curve Toolsで描いたカーブでは、このようなモデルができます。

こちらの3つのカーブを選択しています。

lo7こちらのカーブにロフトを適用するとこのようなサーフェスができます。

lo8
 

ロフトをする際の注意点

カーブの選択の順番

この場合だと上から順版、もしくは下から順番に選んでロフトをするようにします。この選択の順番がおかしいと、出来上がるサーフェスもおかしなものになってしまいます。

 

真ん中のカーブを一番最後に選択したのですが、

こちらはサーフェスの裏表がひっくり返ってしまっています。lo11lo12
 


スポンサードリンク


CVの数をなるべく合わせる

カーブツールで創る時はCVの数も同じくらいに合わせた方がきれいにサーフェスを作成できます。

こちらはCVの数がそろっているカーブでロフトをかけたものです。

lo9
lo10CVの数がそろっていないと、複雑なモデルになり、作業が大変になります。こちらは一番上のカーブのCVの数が他の二つよりも多く、アイソパラムの並びが不均一になっています。lo7lo8
 

 

 

 

 

Loft Optionsについて

lo2

Auto reverse

ロフト時にカーブにの方向によってはサーフェスがねじれることがありますが、こちらをオンにしていると自動的にカーブのねじれを反転しなおしてくれます。

真ん中のカーブが逆を向いています。
lo15
lo14
この状態でAuto reverseにチェックをいれずにロフトを書けるとこのようになってしまいました。

 

lo13
ただし、Auto reverseをオンにしていると自動的に修正してくれます。

スポンサードリンク


Linear とCubic

Linearにチェックが入っている状態でのロフトは下図のような直線的な印象を与えます。lo18
 

Cubicにチェックが入ると下図のようにサーフェースがよりスムーズなものが出来ます。。lo17

Section Span

カーブとカーブの間の分割数を設定します。ボックスに入力した数だけ分割されます。真上の図はこの数値に3と入れてロフトを適用しましたが、三本のカーブからできたサーフェスが縦に6分割されています。カーブとカーブの間が3つに分割されたことがわかります。

 

また、オプションボックスで行ったこれらの設定はAttribute Editorからもできます。lo4
 

まとめ

ロフトをしたいカーブを、端から順番に選びます。

メニューセットSurfaces→Surfaces→Loftの横のオプションボックスを選びます。

必要に応じて設定をおこないます。Auto Reverseにチェックをいれることを忘れないようにします。

 

かなり便利な基本ツールなので、いろんな場面で使いたいと思います。

 

スポンサードリンク

関連記事

【Photoshop&MAYA】モデルのテクスチャをよりリアルに。スペキュラー、バンプマップの作り方とその読み込み

テクスチャの光沢や反射などを表現するスペキュラーマップや凹凸を表現するバンプマップなどの作成方法につ

記事を読む

【MAYA】モデリングの基本操作、UV展開してテクスチャーの位置を合わせよう。

UVと最初聞いた時は何のことかさっぱりわからず(まず”紫外線”が浮かんでしまう位でした。)よくわから

記事を読む

【MAYA】カメラ操作、作り方からビューでの表示方法、移動や回転、エイムなど。

カメラの設定について、その作り方から移動や回転、表示の方法について、基本的なことについて書きました。

記事を読む

【MAYA】シャドウについて、オブジェクトの影の落とし方。投影やぼかしの方法について。

光を表すのに重要な役割をしてくれる影について、書いてみました。当たり前ではありますが光と影はセットで

記事を読む

【MAYA】複雑なオブジェクトのUV展開の方法

複雑なオブジェクトのUV展開の方法について、忘れないように描きとめておこうと思いました。 スポンサ

記事を読む

【MAYA】まずはここから、基本操作、プロジェクト設定をしよう!

MAYAで創作を始めるときに、まずしなくてはならないののが新しいプロジェクトをおこし、そこにMAYA

記事を読む

【MAYA】ノンリニアデフォーマ―で手軽にキレイなアニメーションやモデリング。①(Bend Flare Sine)

ノンリニアデフォーマ―でアニメーションで動きをつける時、自然な形をつくりやすいように思います。ノンリ

記事を読む

【MAYA】基本操作、モデリングができたらヒストリーを削除しよう!

MAYAはモデリングした履歴をためていきます。、それがたくさんたまると動作が重くなります。動作を軽く

記事を読む

【MAYA】基本操作、画面内の移動やズーム、回転の方法や画面分割についてです。

MAYAを習っていて一番初めに習う基本操作です。これを書いていると 最初に触っていた頃のワクワ

記事を読む

【MAYA】ビューポートのカメラやライト、影の表示を様々に変えてみよう。

最初の内は勉強することが多くここまではなかなか手が届かなくて、最初の頃は他の操作で精いっぱいですが、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【MAYA】2017年度版レンダラ―、アーノルド(Arnord)のノイズ調整について少し書きました。

2017年度版から、mayaにはアーノルドレンダラ―が入りました。自分

【MAYA】Xgenを使って、オブジェクトに毛をはやす。

2017年度版からファーがメニューから無くなってしまい、これからはXg

【MAYA】2017年度版、MELを使用してメニューへファー(Fur)を呼びこもう!

maya2017年度版から、Furがメニューから消えてしまいました。た

【情報】福岡で就職をお考えの方に。福岡クリエイティブキャンプとそのイベントのご紹介

福岡で就職をお考えのクリエイターの方向けのプロジェクトがあります。

【情報】手近に楽しめる、スマホでのVR体験動画コンテンツ。

スポンサードリンク 【情報】手近に楽しめる、スマホでのVR体

→もっと見る

PAGE TOP ↑