【MAYA】被写界深度を調節しよう。① サーフェスシェーダーを調節しデプスをつくる。

公開日: : 最終更新日:2016/09/29 モデリング

モデリングで最終絵に被写界深度をつけたいときに、MAYAでデプスマップをつくり、それをアフターエフェクトで処理します。こちらにはデプスの作り方を書いてみました。

このデプスをアフターエフェクトに持って行き、被写界深度を画像に与えます。そちらについては【アフターエフェクト】被写界深度を調節しよう。② 調整レイヤーを使いデプスでぼかしを入れる。

で書きました。被写界深度を与えることで、目立たせたいものを際立たせられますね。

スポンサードリンク


【MAYA】被写界深度を調節しよう。① サーフェスシェーダーを調節しデプスをつくる。

簡単なシーンを作成しました。こちらでデプスを作ろうと思います。

depth2
まず、MAYA右下のレンダータブ、master Layerを右クリックSelect Objects in Layerを選びレイヤー内のオブジェクトを全て選択します。

その後で赤い四角で囲んだボタンを押すと、新たなレイヤーができそこへオブジェクトが振り込まれます。
depth1
レイヤー名を変更してからそのレイヤーを右クリックして、Attributesを選択します。depth3
depth4
Attribute Editor のPresetsを押し、Luminance Depthを選びます。depth5
そうすることで、新しいレイヤーのオブジェクトにSurface Shaderが適用されます。赤で囲んだOut Colorの部分をクリックします。

depth6
setRangeタブのOld Min とOld Maxをそれぞれ右クリックしてBreak Connectionを選び、関連付けを解除して値を入力できるようにします。

depth7
depth8
 

Display からHeads Up Displayを選び、Object Detailsにチェックを入れます。

画面の右上に数字がいくつか出てきます。その中のDistance From Cameraに注目し、オブジェクトをクリックすると、その都度数値がかわるので、シーンの中で最大と最小の値を探します。最小値をOld Minに最大値をOld Maxに入力します。(必ずしも最大最小値でなくても大丈夫です。)

depth10
 

その後レンダリングを各レンダーレイヤーについて行います。

マスターレイヤーのレンダリング画像

depth12デプスレイヤーのレンダリング画像

この黒と白が被写界深度の調節に使われます。なるべく色幅が広い方が良いそうです。先ほどのsetRangeタブのOld Min とOld Maxの数値でこの色幅は変わります。DepthでPresetsを押すとレンダラ―(赤い四角で囲んだ部分)がmaya softwareになってしまうので、ここは自分が希望するものになっているかを確認します。(今回はmentalray)
depth11
 

 

この二つの画像を保存し、アフターエフェクトへ持って行きます。

長くなってきてしまったので【アフターエフェクト】被写界深度を調節しよう。② 調整レイヤーを使いデプスでぼかしを入れる。に続きます。

まとめ

1、モデルを作ったら、レンダーレイヤーをもう一つ作り、その中にオブジェクトを新たに割り当てそこへsurface shader を適用します。

2、カメラからの距離をもとに、白と黒の幅を設定します。

3、各レンダーレイヤーをレンダリングします。

被写界深度を加えることで、目立たせたいものを際立たせられますね。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

関連記事

【MAYA】基本、フェースの押し出し(Extrude)、移動、スケールツールを使って簡単な飛行機を作ってみました!

Extrudeは押し出しツールですが、全く3Dを触ったことがない人にとっては、混乱してしまうツールだ

記事を読む

【MAYA】基本操作、さまざまなライトの種類とその効果、設定について。

ライトはいろんな種類があり、最初は混乱するものの一つだと思います。でもモデリング、アニメーション、エ

記事を読む

【MAYA】モデリング、簡単に穴を埋めてくれるポリゴン作成ツール、Fill Holeについて

モデリングをしているとき、行程上どうしても穴ができることがあったり、たまにポリゴンを気づかぬうちに消

記事を読む

【MAYA】モデリングの基本操作、便利な面取りツール、ベベル(Bevel)についてです。

工業製品など、面取りをすることがあると思うのですが、そんな時のお助けツール、Bevelについてです。

記事を読む

【MAYA】ノンリニアデフォーマ―で手軽にキレイなアニメーションやモデリング。②(Squash Twist Wave)

これまで手で形をつけていたアニメーションやモデリングがきれいにできる、ノンリニアデフォーマ―について

記事を読む

【MAYA】モデリングの基本操作、UV展開してテクスチャーの位置を合わせよう。

UVと最初聞いた時は何のことかさっぱりわからず(まず”紫外線”が浮かんでしまう位でした。)よくわから

記事を読む

【MAYA】基本操作、モデリングの必須ツール、ナーブス(NURBS)をポリゴン(Polygon)にする。

ナーブスでつくったモデルをポリゴンにする機能について、書いてみました。ポリゴンでは作りづらいような形

記事を読む

【MAYA】曲面づくりに便利。スカルプトツールを使って、モデリングを楽にしよう!

スカルプトツールはモデルを手動で成形するといびつになってしまうときに、とても役にたつツールだと思いま

記事を読む

【MAYA】ナーブスサーフェースの基本、ハル、コントロールバーテックス等々。

ナーブスサーフェースの基本について、簡単ですがまとめてみました。 スポンサードリンク 【

記事を読む

【MAYA】基本のものから知ってると便利なものまで、オブジェクト選択の方法

オブジェクト選択の方法をお話します。主に基本的なものについてになりますが、これから先新たな方法など習

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【勉強法】頭は午前中の方が冴えている?!朝勉強のすすめ。

勉強法、勉強の時間帯、みんな向くものがそれぞれあると思うのですが、朝の

【Zbrush Core】日本語を英語にしたい、言語変更の方法についてです。

Zbrushはとても楽しいソフトですね。価格もZbrushよりも安く、

【勉強法】本の選び方、かしこい読書方法とは?!

本は情報を得るための、もっとも効率の良いツールになります。 小説

【勉強法】年齢のせいにばかりしてはいけない!?記憶力が落ちてきたら、気を付けたいこと。

我ながら書いていてトホホなタイトルですが、操作方法を覚えていることが出

【Photoshop】知ってると便利、ショートカットで操作スピードアップ

作業中にショートカットキーを使えたら効率はかなりアップします。そんなシ

→もっと見る

PAGE TOP ↑