【MAYA】基本操作、これは便利!カーブツールでモデリング。紐をつくろう。

公開日: : 最終更新日:2016/10/30 モデリング

ナーブスで紐を作ってみようと思います。カーブのパスと紐の太さや形状をあらわすパス二つを書いて、Extrudeします。

モデリングのレベルがバレますが…。できるととても便利なので、書いてみました。

スポンサードリンク


【MAYA】基本操作、これは便利!カーブツールでモデリング。紐をつくろう。

まず、カーブを描きます。カーブにはCV Curve ToolとEP Curve Toolがあります。二つの違いは、カーブを描くときに打っていく点の上をカーブが通るかどうかです。前者は点の上をカーブが通らず、後者は点の上をカーブが通ります。

nurbscurve  nurbscurve1
CV Curve Tool

nurbscurve2
 

EP Curve Tool

 

どちらのカーブでもよいのですが、基準としたいガイドとなるパスのカーブを描きます。そして、その断面をあらわすサークルやパスを描きます。サークルでなくパスを描いた場合は最初と最後がきちんと閉じられているようにします。

(パスの始点と終点を近くに持って行った状態で、オブジェクトを選択し、メニューリストSurfacesでEdit Curves、そしてOpen/Close Curvesを選ぶとパスは閉じられます。)

形状をあらわすパスとガイドになるパスを選んで、SurfacesからExtrudeを選びます。後に選んだ方のパスがガイドになり、そのパスに沿った形になります。

nurbscurve4nurbscurve3
 

今回はこのような形になりました。nurbscurve5
 

 

まとめ

1、CVもしくはEPのカーブツールでガイドパスを描く。

2、サークルやカーブツールで断面となるパスを描く。

3、ガイドにしたいパスと断面にしたいパスの両方を選択し、ガイドとしたいパスの方を最後に選んで、SurfacesからExtrudeを選びます。

ここで使うナーブスカーブについてはこちらにも書かせて頂きました。

【MAYA】ナーブスカーブの基本、CV、ハル、エディットポイント、カーブポイントについて

 

関連記事

【MAYA】2017年度版、MELを使用してメニューへファー(Fur)を呼びこもう!

maya2017年度版から、Furがメニューから消えてしまいました。ただ、MELに入力することでメニ

記事を読む

【MAYA】モデリングの基本、モデルに合わせたテクスチャーを作ろう!

UVテクスチャーにモデルのUVを合わせる方法のほかに、テクスチャーをモデルに合わせて作る方法をお話し

記事を読む

【MAYA】ファー(Fur)でオブジェクトに毛をはやそう!

ファーは2017年度版ではデフォルトでメニューがなくなってしまっていますが、(MELに書き込みをする

記事を読む

【MAYA】基本操作、モデリングの必須ツール、ナーブス(NURBS)をポリゴン(Polygon)にする。

ナーブスでつくったモデルをポリゴンにする機能について、書いてみました。ポリゴンでは作りづらいような形

記事を読む

【MAYA】基本操作、NURBSでモデリング、回転(Revolve)でうつわをつくろう!

器やポットなど作る時に役立つのがCurve toolで線を描いてそれを回転させる方法です。初心者のう

記事を読む

【Photoshop&MAYA】モデルのテクスチャをよりリアルに。スペキュラー、バンプマップの作り方とその読み込み

テクスチャの光沢や反射などを表現するスペキュラーマップや凹凸を表現するバンプマップなどの作成方法につ

記事を読む

【MAYA】Xgenを使って、オブジェクトに毛をはやす。

2017年度版からファーがメニューから無くなってしまい、これからはXgenを使うことが増えてくるかと

記事を読む

【MAYA】シャドウについて、オブジェクトの影の落とし方。投影やぼかしの方法について。

光を表すのに重要な役割をしてくれる影について、書いてみました。当たり前ではありますが光と影はセットで

記事を読む

【MAYA】マテリアルで金属やガラスの質感をつくろう!

マテリアルの基本・・というか、最初の頃に取り組むのがガラスや金属の質感づくりだと思うのですが、その辺

記事を読む

【MAYA】モデリングの基本操作、マテリアルをオブジェクトに適用するには。

mayaには様々なマテリアルがあり、多彩な表現が可能です。またテクスチャを貼り付けることもできます。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【MAYA】2017年度版レンダラ―、アーノルド(Arnord)のノイズ調整について少し書きました。

2017年度版から、mayaにはアーノルドレンダラ―が入りました。自分

【MAYA】Xgenを使って、オブジェクトに毛をはやす。

2017年度版からファーがメニューから無くなってしまい、これからはXg

【MAYA】2017年度版、MELを使用してメニューへファー(Fur)を呼びこもう!

maya2017年度版から、Furがメニューから消えてしまいました。た

【情報】福岡で就職をお考えの方に。福岡クリエイティブキャンプとそのイベントのご紹介

福岡で就職をお考えのクリエイターの方向けのプロジェクトがあります。

【情報】手近に楽しめる、スマホでのVR体験動画コンテンツ。

スポンサードリンク 【情報】手近に楽しめる、スマホでのVR体

→もっと見る

PAGE TOP ↑