【MAYA】基本、フェースの押し出し(Extrude)、移動、スケールツールを使って簡単な飛行機を作ってみました!

公開日: : 最終更新日:2016/11/22 モデリング

Extrudeは押し出しツールですが、全く3Dを触ったことがない人にとっては、混乱してしまうツールだと思います。飛行機をつくりながら、いろいろ書いてみました。

スポンサードリンク


【MAYA】基本、フェースの押し出し(Extrude)、移動、スケールツールを使って簡単な飛行機を作ってみました!

エクストルードや移動スケールツールを使い飛行機を作りました。この作業手順がよりも効率の良いものがあるかと思いますが、ご容赦ください。

メニューセットはPolygonsに設定します。Create→Polygon primitives→Cube横の□でオプションを表示して、Width、Heightなどでサイズを、各Divisionsで分割数などを決めて、Createを押します。

n15また初期設定に戻したいときはオプションのEditからReset Settingsを選ぶと、デフォルトに戻ります。

今回は分割数などない、キューブから始めます。

n16
今回はChannelbpx/Layer Editorタブ、Inputのpolycubeをクリックして、このキューブを編集します。Subdivisions Depthを5にしました。キューブの作成直後なら、こちらでも変更が可能です。

ここで注意が必要なのはこちらでの分割数などの変更は、最初にプリミティブを作った直後に行わないといけない事です。たとえば、最初だしたキューブをスケールで大きくして、その後でこちらの分割数などの変更を行ってもうまくいきません。

n17まず、キューブを横にのばします。

n18ここで、Tool SettingsのSynmetry SettingsのSynmetryのチェックをOffからWorldに入れ、Synmetry axisで対称軸を設定しました。対象に変形を行っていくためです。n19
まず、横幅と縦幅が大きすぎるので半分位に縮めました。その上で、右ドラッグでFaceを選び、先端のフェースを縮めます。

n21
 

その後キューブの真ん中のFaceを選択します。このとき反対側の面も選択されています。(カーソルを持って行くと緑色に表示されているのがわかります。)Edit Mesh→FACEのExtrudeを選び、マニピュレーターの赤と黄色のボックスをそれぞれドラッグして面を縮めると、エクストルードされます。(スケールのエクストルードなので、ボックスの方をドラッグします。)

n23
ここでGキーを押し、再度Extrudeツールを発動させます。Gキーは直前のツールをもう一度呼び出すときに使うショートカットです。Gキーを押さないとただの移動ツールとなり。下図のようになります。

%ef%bd%8e27
そして、今度は引っ張り出すので青い矢印を引っ張ります。対象にモデリングしているのが分かります。

%ef%bd%8e24
翼を引っ張り出し、端のフェースを選んでスケールで縮めた後、移動ツールにして、後ろへ翼を下げます。

%ef%bd%8e25
この時何度もExtrudeをしたり、戻したりすると、不必要な部分にフェースが出来てしまうことがあります。今回もできてしまいました。オレンジの丸で囲んだ部分にドットが見えていますが、これは薄いエッジのようなフェースが出来ているということです。これはマージによって対処します。いらないフェースの両側にあるフェースを全て選び、Edit Mesh→Merge Componentsを選びます。このままにしておくと後々にモデルがおかしくなるので、マージで消した方がいいです。こちらにも書かせて頂きました。

【MAYA】オブジェクトを放射状に押し出しする方法&フェースの間にできた余分なフェースを削除する方法

n28

スポンサードリンク

同様にして尾翼も創ります。

%ef%bd%8e26
飛行機の後ろの部分が不自然なので修正します。端のフェースをスケールツールで縮めます。その後丸で囲んだエッジを選択して移動ツールで中側に寄せます。n30
垂直尾翼を作り忘れたので追加します。尾翼を作る時に、合わせて作る方がスマートです。

①この場合は他と同様に押し出しをします。

②一番上面のフェースを選んでスケールツールで縮めます。

③、④前方向が太いので、エッジを選択したり、Vertexを選択してよせたりして調整しています。

%ef%bd%8e29
飛行機は尾翼が後ろに斜めになっているので、上面のフェースを選んで移動ツールで少し後ろへ移動させます。

n31
最後に全体のバランスや位置を調整します。

n32
少し後ろ部分が太いので、エッジをぐるっと選んでスケールツールでしぼりました。

n33
ツールセッティングのCamerabased selectionのチェックを外して、Top ビューもしくはサイドビューに移動して、後方を選択します。

n34
Camerabased selectionのチェックを外すことで、こちらからは見えない裏面も選択されます。そして、TopやSideビューで作業することで、余計な部分の選択を防ぎます。(スケールを押すと四画面と全画面の切り替えができます。そこでも操作できますが、四画面のうちどれか一つを全画面表示したい時はその画面上にカーソルを持って行きスペースを押すと希望の画面が全画面表示されます。)

選択したらスケールツールにして、縮めます。また、もう少し後方が長いように思うので、そのまま移動ツールにして、後ろへ長くしました。

%ef%bd%8e36
 

このような感じになりました。

テンキーを押して、表示を変えてみました。これで完成です!

%ef%bd%8e38
トポロジーとかどうなんだろうと思いますし、モデリングのレベルがバレますが、ご容赦ください。アドバイス等頂ける方がいらっしゃいましたら、コメントやお問い合わせからメッセージ頂けるとありがたく思います。よろしくお願いします。

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事

【MAYA】オブジェクトを放射状に押し出しする方法&フェースの間にできた余分なフェースを削除する方法

お恥ずかしい話ですが、わたしはMAYAを始めてしばらくしてから、放射状にフェースを押し出す方法を知り

記事を読む

【MAYA】ナーブスサーフェースの基本、ハル、コントロールバーテックス等々。

ナーブスサーフェースの基本について、簡単ですがまとめてみました。 スポンサードリンク 【

記事を読む

【MAYA】モデリングの基本操作、便利な面取りツール、ベベル(Bevel)についてです。

工業製品など、面取りをすることがあると思うのですが、そんな時のお助けツール、Bevelについてです。

記事を読む

【MAYA】複雑なオブジェクトのUV展開の方法

複雑なオブジェクトのUV展開の方法について、忘れないように描きとめておこうと思いました。 スポンサ

記事を読む

【MAYA】環境ライティングとなるIBLに使うHDRIの設定

ライティングをフォトリアルにしてくれる、とても便利なIBLにつかうHDRIの設定方法について書いてみ

記事を読む

【MAYA】被写界深度を調節しよう。① サーフェスシェーダーを調節しデプスをつくる。

モデリングで最終絵に被写界深度をつけたいときに、MAYAでデプスマップをつくり、それをアフターエフェ

記事を読む

【MAYA】基本操作、モデリングの必須ツール、ナーブス(NURBS)をポリゴン(Polygon)にする。

ナーブスでつくったモデルをポリゴンにする機能について、書いてみました。ポリゴンでは作りづらいような形

記事を読む

【MAYA】二つのオブジェクトを結合しよう。アペンドトゥポリゴン編

モデリングをしていると、別々につくったオブジェクトを一つにしたいという時がよくあります。そんな時に使

記事を読む

【MAYA】モデリングの基本操作。オブジェクトの結合(Combine)分離(Separate)ブーリアン(Booleans)

モデリングの基本機能、結合と分離、ブーリアンについて、まとめてみました。 スポンサードリンク

記事を読む

【MAYA】基本、軸の切り替えや一体性によってフェースの押し出しの形が違ってくる!

ワールド、ローカル軸のどちらかで押し出すかや、フェースの一体性を保つかどうかで押し出しの形状が異なっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【勉強法】頭は午前中の方が冴えている?!朝勉強のすすめ。

勉強法、勉強の時間帯、みんな向くものがそれぞれあると思うのですが、朝の

【Zbrush Core】日本語を英語にしたい、言語変更の方法についてです。

Zbrushはとても楽しいソフトですね。価格もZbrushよりも安く、

【勉強法】本の選び方、かしこい読書方法とは?!

本は情報を得るための、もっとも効率の良いツールになります。 小説

【勉強法】年齢のせいにばかりしてはいけない!?記憶力が落ちてきたら、気を付けたいこと。

我ながら書いていてトホホなタイトルですが、操作方法を覚えていることが出

【Photoshop】知ってると便利、ショートカットで操作スピードアップ

作業中にショートカットキーを使えたら効率はかなりアップします。そんなシ

→もっと見る

PAGE TOP ↑