【MAYA】キャラクターセットアップ③ IKとFKの違いと優先回転角について。

公開日: : アニメーション

IKとFKの違いは、わかればそんなに難しくないのですが、アニメーションから離れていたら思いっきり忘れてしまっていました・・・。復習したので、忘れないように書いておくことにします。

スポンサードリンク


【MAYA】キャラクターセットアップ③ IKとFKの違いと優先回転角について。

モデルにスケルトンを配置し、スケルトンとオブジェクトをバインドさせたら、動かしやすいように、セットアップ作業を続けていきます。

 

IKとFKの違いについて

FKはフォワードキネマティクス、IKはインバースキネマティクスの略です。

FKは、このモデルの腕を例にとると、腕をふるといったことを、ジョイントを回転させることによってアニメーションすることです。この回転をキーフレームすることで、アニメーションを付ける方法のことです。下図①と②はshoulderを回転させたものです。③はshoulderとelbowを回転させたものです。


IKは、IKハンドルをスケルトンに設置し、そのハンドルを移動させることで、アニメーションをつけることです。多関節のキャラクターなどはこちらの方がいいように思います。FKの回転アニメーションと違って、ハンドルだけアニメーションすればよいので、楽になります。

IKの設置については、まずメニューセットをアニメーションにして、skelton→IK Handle Toolを選びます。その後①のshoulderジョイントをクリックして、②の手先をクリックします。これで左腕にIKが設置されました。設置されると手先にグリーンの線が表示されています。


 

IK設置時の注意点

IKは予想しない方向に関節をまげてしまうことがあります。下図はIKを設置してすぐに、IKハンドルを動かしたのですが、肘関節があり得ない方向に曲がっているのがわかります。どうやってもこのように曲がってしまいます。


このようなケースはIKを設置する前に優先回転角を設定してあげると良いと思います。まず、ひじ関節を曲げたい方向に回転させます。肘ジョイント上で右ドラッグして、Set Preferred Angleを選びます。これで優先回転角が設定されました。設定したら肘の回転を戻しておきます。

 

スポンサードリンク

 


優先回転角が設定したことを確認するには、肘ジョイントをせんたくして、Attribute Editorのelbow_Lタブ、jointのPrefered Angleに数値が入っているか見るとわかります。

 

当たり前ですが、Transform AttributesのRotateは0です。

まず優先回転角設定前はjointのPrefered Angleは0です。
設定後後はjointのPrefered AngleはYに数値が入っているのがわかります。

IKとFKの使い分け

ものを押すアニメーションなどではFKだと、Shoulderとelbowを両方回転させてアニメーションをつけるので、手間がかかりますが、その様な場合はIKだとハンドルを動かせばいいので楽です。

ただ、腕を振るアニメーションでは、Fkは肩のジョイントを振れば手先が円弧を書いてくれるのでそれでいいのですが、IKの場合は手先についたハンドルが真横にうごいてしまうので、中間に手先を少し下に下げたキーフレームが必要となります。このように手を振る場合などはFKの方が向くと思います。下図は前後に降りきった部分二か所にキーフレームを入れたものですが、間の部分、手先の高さが違うのがわかります。


このような向き不向きがあるので、場合によって使いわけするのがいいのかと思います。

IKのウエイト調整などは、また改めて書かせて頂けたらと思います。

 

まとめ

1、FKはフォワードキネマティクスはジョイントの回転をキーフレームすることで、アニメーションを付ける方法のことです。

2、IKはインバースキネマティクスの略です。IKハンドルをスケルトンに設置し、そのハンドルを移動させることで、アニメーションをつけることです。メニューセットをアニメーションにして、skelton→IK Handle Toolを選びます。目的のジョイントを順番にまず始点次に終点と選び設置します。

IK設置時には、IK設置前に曲げたい方向にジョイントを回転させ、そのジョイント上で右ドラッグして、Set Preferred Angleを選び優先回転角を設置しておきます。(ケースバイケースかもしれませんが多関節なので大体必要なのではと思います。)

3、IKは基本的にハンドルを一つ動かせばよいので、物を押したりと複雑な動きをつける場合などに有効です。FKは腕を振るときなど中間ジョイントの角度を保ったまま回転させるときなどに有効なので、ケースによって使い分けた方が良いと思います。

 

使いこなせれば、思いのままの動きを効率よく作れると思うので、しっかりものにできたらと思っています。

スポンサードリンク

関連記事

【MAYA】アニメーションの基本、ポイントコンストレインについて。

コンストレインのうちポイントコンストレインについてお話します。 【MAYA】アニメーションの基本、

記事を読む

【MAYA】 基本、わかるとちょっと楽になる?コンストレインと親子化(ペアレント化)の違い。

コンストレインや親子化といったアニメーションツールは混乱しやすいところですが、自分で後で振り返るため

記事を読む

【MAYA】アニメーションを繰り返しさせたい!グラフエディタのサイクル設定について。

アニメーションをサイクルさせる方法について書いてみました。 スポンサードリンク 【M

記事を読む

【MAYA】便利機能、アニメーションのタイムラインのずらし方。①グラフエディタ上でのずらし方。

アニメーションをやっていて、時々グラフを動かしたい時があります。そんな時の便利な方法をお話します。

記事を読む

no image

【基本】抑えておきたいアニメーションの基本、ディズニーの12原則について。

アニメーションをつけるのに、とても大切な基本の12原則。そちらについて、自分でもいつでも振り返ること

記事を読む

【MAYA】アニメーションの軌道を表示したい!モーショントレイルについて。

アニメーションを編集している時、どうやってオブジェクトが動いているのか、その軌跡を表示したくなるとき

記事を読む

【MAYA】基本、アニメーション、グラフエディタのハンドル操作についてです。

しばらくアニメーションから離れていると、忘れてしまったりして、ハンドル操作などいざやってみるとあれ?

記事を読む

【MAYA】アニメーションのフレームレートや再生速度などプリファレンスでの設定について。

たまに、アニメーションを再生した時に早い速度で再生されてしまうことがあり、最初のうちはどうしてかわか

記事を読む

【MAYA】アニメーション、キーフレームを削除?!ミュートについて。

アニメーションで知っていると便利なミュートについて書かせて頂きました。 【MAYA】アニメ

記事を読む

【MAYA】ノンリニアデフォーマ―で手軽にキレイなアニメーションやモデリング。②(Squash Twist Wave)

これまで手で形をつけていたアニメーションやモデリングがきれいにできる、ノンリニアデフォーマ―について

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
【Photoshop】知ってると便利、ショートカットで操作スピードアップ

作業中にショートカットキーを使えたら効率はかなりアップします。そんなシ

【勉強法】勉強の効率を上げよう!

勉強はただやっていればいい、時間をかければいいというわけではなく、より

【勉強法】勉強がはかどる!やる気、モチベーションをあげるには。

勉強するときに、その行動の大元になる意欲、モチベーションをアップさせる

【勉強法】記憶の方法について。簡単にまとめてみました。

勉強は記憶から始まることがほとんどです。効率を上げるためにもメモとして

【勉強法】勉強量を増やす。時間をつくる方法

勉強時間はどうしても目標に応じた数が必要になると思います。その作り方に

→もっと見る

PAGE TOP ↑