【MAYA】シャドウについて、オブジェクトの影の落とし方。投影やぼかしの方法について。

公開日: : 最終更新日:2016/10/24 MAYA各分野共通, モデリング

光を表すのに重要な役割をしてくれる影について、書いてみました。当たり前ではありますが光と影はセットで、影の設定はライトのアトリビュートで行います。最初の頃はオブジェクトの影が落ちないので困ったりしました。使いこなせたら、表現力は相当アップできるので、難しいですが、いつか自分のものに出来ればと思うスキルです。

スポンサードリンク


【MAYA】シャドウについて、オブジェクトの影の落とし方。投影やぼかしの方法について。

ライトのAttributeで、Light Shapeタブに、Depth Map ShadowとRaytrace Shadowという項目がありますが、これで、影を設定できます。(

Ambient LightではRaytrace Shadowのみのようです。)

ライトについてはこちらに書かせて頂きました。

【MAYA】モデリングの基本事項、さまざまなライトについて。

shaa2
Depth Map Shadowはビットマップで計算しています。Resolutionで解像度を調節します。Raytrace ShadowはDepth Map Shadowより計算が正確でやわらかな影が出来ますがレンダリングが時間がかかります。

シーン内で影を見たいときは、Lighting→Use All Lightsにチェックがあり、Lighting→Shadowsにチェックが入っていることを確認してください。shaa1 

Shadows

Shadow Color・・・影の色を調整できます。

Depth Map Shadow Attributes

shaa5
Use Depth Map Shadowにチェックを入れ、使える状態にします。入れるとビューに影が現れます。

Resolution・・・解像度が調節できます。

Use Mid Dist(わかり次第書かせて頂きます。)

Use Auto Focus(わかり次第書かせて頂きます。)

Filter Size・・・影のボケ、ぼかしを調節できます。

Bias・・・ライティングされた表面に縞や点が現れたり、シャドウが投影される表面から影が切り離されて見える場合など、おかしい時にこのスライダで調節します。

Fog Shadow Intensity・・・ライトフォグ内部の影の暗さを調節できます。

Fog Shadow Samples・・・ライトフォグ内部の影の細かさを調節できます。

ライトフォグはフォグ、塵、煙などのエフェクトに使います。

Raytrace Shadow Attributes

shaa3
Raytrace Shadowにチェックを入れます。

Lingt Radius・・・ライトの半径のボケ、ぼかしを調節できます。高いほどぼけます。

Light Radiusだけだと影が汚くなるので、同時に下のShadow Rayも上げます。ぼかすときはこの二つをバランスよく上げます。ただしこの二つの数値が大きいほど、レンダリングに時間がかかります。

Ray Depth Limit(わかり次第書かせて頂きます。)

まとめ

Light ShapeタブのDepth Map ShadowもしくはRaytrace Shadowという項目で影を設定します。

シーン内で影を見たいときは、Lighting→Use All Lightsにチェックがあり、Lighting→Shadowsにチェックが入っていることを確認してください。

Raytrace Shadowの方が計算が正確ですが、レンダリングが重くなります。Depth Map ShadowはFilter Sizeでぼかしを調節し、Raytrace ShadowではLingt RadiusとShadow Rayでぼかしを調節します。

影の色は双方ともにShadow Colorで影の色を調整します。

ライトについてはこちらに書かせて頂きました。

【MAYA】モデリングの基本事項、さまざまなライトについて。

また、ビューポートでの影の表示の切り替えについて書いてみました。

【MAYA】ビューポートのカメラやライト、影の表示を様々に変えてみよう。

スポンサードリンク

 

 

 

関連記事

【MAYA】基本、軸の切り替えや一体性によってフェースの押し出しの形が違ってくる!

ワールド、ローカル軸のどちらかで押し出すかや、フェースの一体性を保つかどうかで押し出しの形状が異なっ

記事を読む

【MAYA】複雑なオブジェクトのUV展開の方法

複雑なオブジェクトのUV展開の方法について、忘れないように描きとめておこうと思いました。 スポンサ

記事を読む

【MAYA】モデリング、シェーダーの種類について。ブリンやメンタルレイ用ミア マテリアルなど

モデリングをしていると、いろんなシェーダーがあって、最初は何が何だかわからなかった覚えがあります。そ

記事を読む

【MAYA】基本、フェースの押し出し(Extrude)、移動、スケールツールを使って簡単な飛行機を作ってみました!

Extrudeは押し出しツールですが、全く3Dを触ったことがない人にとっては、混乱してしまうツールだ

記事を読む

【MAYA】モデリングの基本操作、UV展開してテクスチャーの位置を合わせよう。

UVと最初聞いた時は何のことかさっぱりわからず(まず”紫外線”が浮かんでしまう位でした。)よくわから

記事を読む

【MAYA】基本操作エッジの追加ツールその2 (2015年度版以降ではメニューにない機能です)

2015年度版を使っているのですが、2015年度版ではなくなってしまった分割の機能があると聞きました

記事を読む

【MAYA】ビューポートのカメラやライト、影の表示を様々に変えてみよう。

最初の内は勉強することが多くここまではなかなか手が届かなくて、最初の頃は他の操作で精いっぱいですが、

記事を読む

【MAYA】曲面づくりに便利。スカルプトツールを使って、モデリングを楽にしよう!

スカルプトツールはモデルを手動で成形するといびつになってしまうときに、とても役にたつツールだと思いま

記事を読む

【MAYA】モデリング、クリエイトポリゴンツールとマルチカットツールで好きな形に板ポリゴンを作って分割しよう。

自分の思う形状に板ポリゴンをつくり、それを自分の希望に合わせて分割できるツールいついて、書いてみまし

記事を読む

【MAYA】基本操作、オブジェクトの選択と変更方法、そのホットキーについて

オブジェクト選択と、その移動、回転、拡大縮小について、またコンポーネントモードへの切り替えとオブジェ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【MAYA】2017年度版レンダラ―、アーノルド(Arnord)のノイズ調整について少し書きました。

2017年度版から、mayaにはアーノルドレンダラ―が入りました。自分

【MAYA】Xgenを使って、オブジェクトに毛をはやす。

2017年度版からファーがメニューから無くなってしまい、これからはXg

【MAYA】2017年度版、MELを使用してメニューへファー(Fur)を呼びこもう!

maya2017年度版から、Furがメニューから消えてしまいました。た

【情報】福岡で就職をお考えの方に。福岡クリエイティブキャンプとそのイベントのご紹介

福岡で就職をお考えのクリエイターの方向けのプロジェクトがあります。

【情報】手近に楽しめる、スマホでのVR体験動画コンテンツ。

スポンサードリンク 【情報】手近に楽しめる、スマホでのVR体

→もっと見る

PAGE TOP ↑