【MAYA】ペイントファーアトリビュートツールでファーを自由自在に操ろう。(Paint Fur Attribute Tool)

公開日: : 最終更新日:2017/02/19 モデリング

Furツールは2017年度版からメニューになくなってしまいましたが、MELを挿入することでまだ使用できます。(arnordレンダーで使えるかはわからないのですが)

スポンサードリンク


【MAYA】ペイントファーアトリビュートツールでファーを自由自在に操ろう。(Paint Fur Attribute Tool)

この記事の続きです。

【MAYA】ファー(Fur)でオブジェクトに毛をはやそう!

2017年度版でのメニューへの出し方はこちら。

【MAYA】2017年度版、MELを使用してmenuへファー(Fur)を呼びこもう!

 

前回はファーをつけるところまで載せてみました。

メニューセットRendering→Fur→Paint Fur Attribute Toolを開きます。(この場合はオプションをひょうじする横の□は押さなくてもボックスが出てきてくれます。)プルダウンメニューから変更したいものを選びます。今回は長さにしました。


このようにオブジェクトの上でブラシが表示されそれで、選んだ項目を設定できます。


Bボタンを押しながら左ドラッグをすると、下図のように矢印がでてくるので、でブラシサイズを変更できます。


このブラシの設定はTool Settingで行います。


これから例として、長さを変更していきたいと思います。

まず、Valueで長さ設定をします。その後Floodを押すと全範囲にその長さが適用されます。

Valueを0にすると、ファーの長さは0になり、見えなくなります。

今回は少し長さを持たせてFloodを押しました。

すると下図のような長さになりました。
 

その後Valueの値を大きくして、ブラシでなぞると、その部分の長さが変わります。


 

また、ファーのある部分を白く表示することもできます。

Color Feedbackにチェックを入れるとファーのある部分を白くできます。白の度合いはColor Feedback下のMin colorとMax colorで調整できます。


 

まとめ

1、メニューセットRendering→Fur→Paint Fur Attribute Toolのオプションを開きます。プルダウンメニューから変更したいものを選びます。

2、Tool SettingsのPaint AttibutesのValueで数値設定し、Floodで全範囲に適用します。

3、Valueの数値を設定し直し、オブジェクトのファーを変更したい部分をなぞります。

4、ファーのある範囲を白くしたいときはTool SettingsのDisplayのColor Feedbackにチェックを入れます。

 

ファーは2017年度版からメニューから消えましたが、まだまだ使えると個人的に思います。わりと使いやすいツールだと思います。

この前段階の記事はこちらになります。

【MAYA】ファー(Fur)でオブジェクトに毛をはやそう!

2017年度版でのメニューへの出し方はこちら。

【MAYA】2017年度版、MELを使用してmenuへファー(Fur)を呼びこもう!

スポンサードリンク

関連記事

【MAYA】アンビエントオクルージョンの設定して、モデルをよりリアルに見せよう!

モデルを最終絵にするときに、オクルージョンを設置すると、より設置した感じが増すと思います。アンビエン

記事を読む

【MAYA】基本、二つのオブジェクトをつなげよう。マージツールについて。

二つのオブジェクトをつなげる、マージツールについて、エッジと頂点のマージについて書きました。(エッジ

記事を読む

【MAYA】オブジェクトの回転や拡大縮小を制御する、ピボットの移動やリセット

ピボットポイントとは、オブジェクトを選択し移動モードや回転モードになったときに、表示されるマニピュレ

記事を読む

【MAYA】スムースやテクスチャなど、画面表示の変更方法について説明します。

MAYAの画面表示は数字キーで変えることができ、とても便利です。 どの番号でどの表示となるのか

記事を読む

【MAYA】基本操作、画面内の移動やズーム、回転の方法や画面分割についてです。

MAYAを習っていて一番初めに習う基本操作です。これを書いていると 最初に触っていた頃のワクワ

記事を読む

【MAYA】知らないとモデリングが上手くいかない…ポリゴンの表と裏、法線についてです。

最初の頃は法線についてしらず、あれ?なんかモデルの一部が黒いぞ・・・。と思いながら操作をしていて、モ

記事を読む

【MAYA】モデリング、簡単に穴を埋めてくれるポリゴン作成ツール、Fill Holeについて

モデリングをしているとき、行程上どうしても穴ができることがあったり、たまにポリゴンを気づかぬうちに消

記事を読む

【MAYA】基本、軸の切り替えや一体性によってフェースの押し出しの形が違ってくる!

ワールド、ローカル軸のどちらかで押し出すかや、フェースの一体性を保つかどうかで押し出しの形状が異なっ

記事を読む

【MAYA】基本、フェースの押し出し(Extrude)、移動、スケールツールを使って簡単な飛行機を作ってみました!

Extrudeは押し出しツールですが、全く3Dを触ったことがない人にとっては、混乱してしまうツールだ

記事を読む

【MAYA】モデリング、シェーダーの種類について。ブリンやメンタルレイ用ミア マテリアルなど

モデリングをしていると、いろんなシェーダーがあって、最初は何が何だかわからなかった覚えがあります。そ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【MAYA】Xgenを使って、オブジェクトに毛をはやす。

2017年度版からファーがメニューから無くなってしまい、これからはXg

【MAYA】2017年度版、MELを使用してメニューへファー(Fur)を呼びこもう!

めmaya2017年度版から、Furがメニューから消えてしまいました。

【情報】福岡で就職をお考えの方に。福岡クリエイティブキャンプとそのイベントのご紹介

福岡で就職をお考えのクリエイターの方向けのプロジェクトがあります。

【情報】手近に楽しめる、スマホでのVR体験動画コンテンツ。

スポンサードリンク 【情報】手近に楽しめる、スマホでのVR体

【情報】(終了)最新ゲームが体験できるイベント、ジャパンアミューズメントエキスポ2017が開幕です!

ゲームの祭典が幕張メッセでひらかれています。楽しんで勉強できる、いい機

→もっと見る

PAGE TOP ↑