【MAYA】ペイントファーアトリビュートツールでファーを自由自在に操ろう。(Paint Fur Attribute Tool)

公開日: : 最終更新日:2017/02/19 モデリング

Furツールは2017年度版からメニューになくなってしまいましたが、MELを挿入することでまだ使用できます。(arnordレンダーで使えるかはわからないのですが)

スポンサードリンク


【MAYA】ペイントファーアトリビュートツールでファーを自由自在に操ろう。(Paint Fur Attribute Tool)

この記事の続きです。

【MAYA】ファー(Fur)でオブジェクトに毛をはやそう!

2017年度版でのメニューへの出し方はこちら。

【MAYA】2017年度版、MELを使用してmenuへファー(Fur)を呼びこもう!

 

前回はファーをつけるところまで載せてみました。

メニューセットRendering→Fur→Paint Fur Attribute Toolを開きます。(この場合はオプションをひょうじする横の□は押さなくてもボックスが出てきてくれます。)プルダウンメニューから変更したいものを選びます。今回は長さにしました。


このようにオブジェクトの上でブラシが表示されそれで、選んだ項目を設定できます。


Bボタンを押しながら左ドラッグをすると、下図のように矢印がでてくるので、でブラシサイズを変更できます。


このブラシの設定はTool Settingで行います。


これから例として、長さを変更していきたいと思います。

まず、Valueで長さ設定をします。その後Floodを押すと全範囲にその長さが適用されます。

Valueを0にすると、ファーの長さは0になり、見えなくなります。

今回は少し長さを持たせてFloodを押しました。

すると下図のような長さになりました。
 

その後Valueの値を大きくして、ブラシでなぞると、その部分の長さが変わります。


 

また、ファーのある部分を白く表示することもできます。

Color Feedbackにチェックを入れるとファーのある部分を白くできます。白の度合いはColor Feedback下のMin colorとMax colorで調整できます。


 

まとめ

1、メニューセットRendering→Fur→Paint Fur Attribute Toolのオプションを開きます。プルダウンメニューから変更したいものを選びます。

2、Tool SettingsのPaint AttibutesのValueで数値設定し、Floodで全範囲に適用します。

3、Valueの数値を設定し直し、オブジェクトのファーを変更したい部分をなぞります。

4、ファーのある範囲を白くしたいときはTool SettingsのDisplayのColor Feedbackにチェックを入れます。

 

ファーは2017年度版からメニューから消えましたが、まだまだ使えると個人的に思います。わりと使いやすいツールだと思います。

この前段階の記事はこちらになります。

【MAYA】ファー(Fur)でオブジェクトに毛をはやそう!

2017年度版でのメニューへの出し方はこちら。

【MAYA】2017年度版、MELを使用してmenuへファー(Fur)を呼びこもう!

スポンサードリンク

関連記事

【Photoshop&MAYA】モデルのテクスチャをよりリアルに。スペキュラー、バンプマップの作り方とその読み込み

テクスチャの光沢や反射などを表現するスペキュラーマップや凹凸を表現するバンプマップなどの作成方法につ

記事を読む

【MAYA】シャドウについて、オブジェクトの影の落とし方。投影やぼかしの方法について。

光を表すのに重要な役割をしてくれる影について、書いてみました。当たり前ではありますが光と影はセットで

記事を読む

【MAYA】デタッチツールや分離ツールでメッシュを分割しよう!

初心者のうちは、よくわからなくて、戸惑ってしまうメッシュの分割についてかいてみました。 スポンサー

記事を読む

【MAYA】スムースやテクスチャなど、画面表示の変更方法について説明します。

MAYAの画面表示は数字キーで変えることができ、とても便利です。 どの番号でどの表示となるのか

記事を読む

【MAYA】被写界深度を調節しよう。① サーフェスシェーダーを調節しデプスをつくる。

モデリングで最終絵に被写界深度をつけたいときに、MAYAでデプスマップをつくり、それをアフターエフェ

記事を読む

【MAYA】モデリングをする時に便利!イメージプレーンへの画像の読み込み方

モデリングをするときに、下図を表示してそれに合わせて作ることができるイメージプレーンの機能は本当にあ

記事を読む

【MAYA】テクスチャづくり、モデルへのテクスチャーの設定方法

葉っぱのテクスチャをつくりましたが、そのテクスチャーをモデルに適用させる方法について、書きました。

記事を読む

【MAYA】曲面づくりに便利。スカルプトツールを使って、モデリングを楽にしよう!

スカルプトツールはモデルを手動で成形するといびつになってしまうときに、とても役にたつツールだと思いま

記事を読む

【MAYA】基本操作、NURBSでモデリング、回転(Revolve)でうつわをつくろう!

器やポットなど作る時に役立つのがCurve toolで線を描いてそれを回転させる方法です。初心者のう

記事を読む

【MAYA】モデリングの基本操作、マテリアルをオブジェクトに適用するには。

mayaには様々なマテリアルがあり、多彩な表現が可能です。またテクスチャを貼り付けることもできます。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【勉強法】頭は午前中の方が冴えている?!朝勉強のすすめ。

勉強法、勉強の時間帯、みんな向くものがそれぞれあると思うのですが、朝の

【Zbrush Core】日本語を英語にしたい、言語変更の方法についてです。

Zbrushはとても楽しいソフトですね。価格もZbrushよりも安く、

【勉強法】本の選び方、かしこい読書方法とは?!

本は情報を得るための、もっとも効率の良いツールになります。 小説

【勉強法】年齢のせいにばかりしてはいけない!?記憶力が落ちてきたら、気を付けたいこと。

我ながら書いていてトホホなタイトルですが、操作方法を覚えていることが出

【Photoshop】知ってると便利、ショートカットで操作スピードアップ

作業中にショートカットキーを使えたら効率はかなりアップします。そんなシ

→もっと見る

PAGE TOP ↑