【MAYA】流体エフェクト、3D、2Dのコンテナをつくり、エミッターを追加しよう。

公開日: : 最終更新日:2016/10/10 エフェクト

まだ勉強を始めたばかりで、忘れないために、流体コンテナや流体エミッタの作り方について、書いておこうと思いました。

スポンサードリンク

 

【MAYA】流体エフェクト、3D、2Dのコンテナをつくり、エミッターを追加しよう。

 

爆発や火、雲などいろんな自然現象を表現してくれる流体エフェクトについて作り方を書いてみました。

流体エフェクトは流体コンテナだけでは効果を得ることができず、流体をだしてくれるエミッタ等を

つくることで生成されます。

 

流体コンテナは流体エフェクトが存在できる領域です。3Dと2Dがあります。3Dの方がレンダリングに時間がかかります。

a1
3Dコンテナには格子状に見えるラインがありますが、正方形のように見えますが、これは実は

立方体のボクセルが並んでいるものです。

コンテナだけではエフェクトは存在できないので、コンテナに特性を与えてくれるものを

セットします。それらはFluid Effects→Add/Edit Contentsのメニューで選ぶことが出来ます。

Emitter 、Emit from Object、Gradients、Paint fluids Tool 、With Curve、Initial States…(Visor)

があります。

 

流体コンテナの作りかた

3Dの場合はFluid Effects→Create 3D Container

2Dの場合はFluid Effects→Create 2D Container

流体エミッタの作り方

Fluid Effects→Add/Edit Contents→Emitterを選びます。

 

するとコンテナ内にエミッタが作られます。

コンテナ内でしかエフェクトは存在できず、またコンテナ単体では流体エフェクトは出ず、

エミッタなど追加して流体エフェクトを出します。

 

maya右下、アニメーションの再生ボタンを押すと、流体が出てきます。

a3
Outlinerでfluidを選び、

a5
fluidshapeのタブを選びます。

a2
 

この中のkeep Voxels Squareにチェックを入れると、ボクセルを正方形(立方体)の状態で保つということです。

Base Resolutionは解像度で、この値を上げるほど、フルイドの見え方はよくなります。

ただし大きすぎると時間がかかるので、注意が必要です。

 

まとめ

流体コンテナの作りかた

3Dの場合はFluid Effects→Create 3D Container

2Dの場合はFluid Effects→Create 2D Container

流体エミッタの作り方

Fluid Effects→Add/Edit Contents→Emitterを選びます。

コンテナ内でしかエフェクトは存在できず、またコンテナ単体では流体エフェクトは出ず、

エミッタなど追加して流体エフェクトを出します。

 

爆発や火など、使いこなせるようになれば、エフェクトの幅がものすごく広がるツールなので、これから色々覚えたいです。

 

スポンサードリンク

関連記事

【MAYA】エフェクト、パーティクルツールで、停止したパーティクルを作る。

パーティクルはエミッターから出るもの。というなんとなくの思い込みがあったのですが、このツールを知った

記事を読む

【MAYA】パーティクルに色をつけよう。オブジェクト全体とパーティクル個別のカラー設定。

パーティクルを使う上で欠かせない、色をつける方法について、書いておこうと思います。 スポンサードリ

記事を読む

【MAYA】パーティクルのライフスパンをランダムに設定する。

パーティクルのライフスパンを個々に設定する方法について、書いてみました。 スポンサードリンク

記事を読む

【MAYA】エフェクト、パーティクルに力を加える、フィールドの種類について。

パーティクルに色んな効果をもたらしてくれるフィールドにはいろんな種類がありますが、それをざっとまとめ

記事を読む

【MAYA】エフェクト、エミッターからパーティクルをだそう!

エフェクトではパーティクルを多用しますが、エミッターからパーティクルを放出する方法や、その準備として

記事を読む

【MAYA】わかれば楽しい!エフェクト、パーティクルの設定について。②~Particle Shapeタブ~

エフェクト、パーティクルの設定で知らないと困る、その形など必須の部分について書いておこうと思います。

記事を読む

【MAYA】パーティクルディスクキャッシュを使えば、レンダリングが確実になり、時間を節約できます。

レンダリング時間を節約して、確実なレンダリングをもたらしてくれる、パーティクルディスクキャッシュの作

記事を読む

【MAYA】基本、バッチレンダーでアニメーションのレンダリングをしよう。

アニメーションのレンダリング方法についてですが、静止画の時と動画とは当然ながらレンダリング方法が違う

記事を読む

【MAYA】エフェクト、大気の動きをシミュレーションしてくれるAirフィールドについて。

パーティクル等に影響を与えるフィールドについて、air fieldについて書いてみました。 スポン

記事を読む

【MAYA】エフェクト、ぜひ活用したい、パーティクルのコリジョンイベントの作成について。

mayaでオブジェクトやパーティクルがぶつかる効果を作ることが出来ますが、エフェクトを作る上で基本的

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【MAYA】Xgenを使って、オブジェクトに毛をはやす。

2017年度版からファーがメニューから無くなってしまい、これからはXg

【MAYA】2017年度版、MELを使用してメニューへファー(Fur)を呼びこもう!

めmaya2017年度版から、Furがメニューから消えてしまいました。

【情報】福岡で就職をお考えの方に。福岡クリエイティブキャンプとそのイベントのご紹介

福岡で就職をお考えのクリエイターの方向けのプロジェクトがあります。

【情報】手近に楽しめる、スマホでのVR体験動画コンテンツ。

スポンサードリンク 【情報】手近に楽しめる、スマホでのVR体

【情報】(終了)最新ゲームが体験できるイベント、ジャパンアミューズメントエキスポ2017が開幕です!

ゲームの祭典が幕張メッセでひらかれています。楽しんで勉強できる、いい機

→もっと見る

PAGE TOP ↑