【MAYA】エフェクト、大気の動きをシミュレーションしてくれるAirフィールドについて。

公開日: : 最終更新日:2016/10/10 エフェクト

パーティクル等に影響を与えるフィールドについて、air fieldについて書いてみました。


【MAYA】エフェクト、大気の動きをシミュレーションしてくれるAirフィールドについて。

フィールドにはいろんな種類がありますが、使い方を把握できれば、楽しいツールだと思います。air(大気)フィールドについて、設定について書いてみました。2
Air(大気)フィールドは大気の移動をシミュレーションしてくれます。

Attribute Editor

air1

Pewdefined Settings

Wind

風に似た既定の設定にしてくれます。

Wake

航跡のように、移動するオブジェクトに引っ張られるように乱される動きに似た既定の設定にしてくれます。

Fan

局所的なファンの効果に似た既定の設定にしてくれます。

Air Field Attributes

Magnitude

airフィールドの強さを設定します。

Attenuation

フィールドと作用を受けるオブジェクトの距離と、フィールドの強さの関係について設定できます。距離が大きくなると、どれだけフィールドの強さが減るかについて設定できます。0だと距離がどんなでもフィールドの強さは同じになります。

Direction

大気の方向を設定できます。

Speed

オブジェクトがフィールドの速度と一致するまでの時間を制御します。0だと移動せず、1だとすぐさまairフィールドの速度と一致します。

Inherit Velocity

大気フィールドが移動する場合や移動するオブジェクトにペアレント化されている場合に、移動する大気フィールドの速度を指定します。(方向やマグニチュードにかかる速度を指定)0から1の数値で指定します。実際にやってみると0だと全く動かなかったです。

Inherit RotationComponent onlyはわかり次第書かせて頂きます。

Spread

Enable spread

Spreadを使用するかで、チェックを入れると使用できます。

Spread

airの影響を受ける範囲を角度で設定できます。この範囲はairフィールドから円錐状になり、なおDirectionの設定を中心にしたものです。0から1の範囲で設定ができます。1は180度です。

Distance

Use Max Distance

チェックを入れるとairの影響をうける最大距離の設定ができるようになります。

Max Distance

airが作用する最大距離の設定ができます。

air2

Falloff Curve

Use Max Distanceにチェックが入っているときに使えます。わかり次第書かせて頂きます。

Volume Control Attributes

Volume Shape

なし(None)立方体(Cube)球(Sphere)円柱(Cylinder)円錐(Cone)、またはトーラスで不イールドをしていします。

Volume Excursion

チェックを入れると、ボリュームが規定する範囲でフィールドが機能しなくなります。

Volume Offset X, Y, Z

わかり次第書かせて頂きます。

Volume Sweep

Volumeのパーティクルのでる範囲を設定します。0から360度の範囲になります。VolumeがCurveやCubeでは使用できません。

Section Radius

Volumeのドーナツの太さを指定出来ます。

air4

そのうちにフィールドをいろいろと使って様々な表現が出来るといいなと思います。

関連記事

【MAYA】わかれば楽しい!エフェクト、パーティクルの設定について①~エミッター等について~

パーティクルでさまざまなものを表現すると思うのですが、その設定について、書いてみました。しっかりと自

記事を読む

【MAYA】わかれば楽しい!エフェクト、パーティクルの設定について。②~Particle Shapeタブ~

エフェクト、パーティクルの設定で知らないと困る、その形など必須の部分について書いておこうと思います。

記事を読む

【MAYA】エフェクト、パーティクルに力を加える、フィールドの種類について。

パーティクルに色んな効果をもたらしてくれるフィールドにはいろんな種類がありますが、それをざっとまとめ

記事を読む

【MAYA】パーティクルのライフスパンをランダムに設定する。

パーティクルのライフスパンを個々に設定する方法について、書いてみました。 【MAY

記事を読む

【MAYA】パーティクルディスクキャッシュを使えば、レンダリングが確実になり、時間を節約できます。

レンダリング時間を節約して、確実なレンダリングをもたらしてくれる、パーティクルディスクキャッシュの作

記事を読む

【MAYA】流体エフェクト、3D、2Dのコンテナをつくり、エミッターを追加しよう。

まだ勉強を始めたばかりで、忘れないために、流体コンテナや流体エミッタの作り方について、書いておこうと

記事を読む

【MAYA】エフェクト、ぜひ活用したい、パーティクルのコリジョンイベントの作成について。

mayaでオブジェクトやパーティクルがぶつかる効果を作ることが出来ますが、エフェクトを作る上で基本的

記事を読む

【MAYA】エフェクト、パーティクルツールで、停止したパーティクルを作る。

パーティクルはエミッターから出るもの。というなんとなくの思い込みがあったのですが、このツールを知った

記事を読む

【MAYA】エフェクト、パーティクルに重力を与えるgravityフィールドについて。

重力を与えてくれるgravityフィールドについて、書いてみました。 【MAYA】

記事を読む

【MAYA】エフェクト、エミッターからパーティクルをだそう!

エフェクトではパーティクルを多用しますが、エミッターからパーティクルを放出する方法や、その準備として

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
【Maya】超初心者向けVrayでの質感付け 色とつや感の調整

Vrayでの質感付け、つやの出し方について、忘れないようにメモしてお

【Photoshop】知ってると便利、ショートカットで操作スピードアップ

作業中にショートカットキーを使えたら効率はかなりアップします。そんなシ

【MAYA】2016年、2017年度版のカラーコレクション設定方法についてです。

カラーコレクションの方法はmayaのバージョンが上がるたびに楽になって

【情報】デスクワーク、パソコン作業につきものの肩こり、腰痛をストレッチで緩和しよう!

デスクワーク、パソコン作業にはつきものの、目や首肩、腰痛ですが、それを

【情報】デジタルメディア、デジタルコンテンツの国際的なイベントSIGGRAPH ASIA 2018が東京で開かれます。

世界中のハード・ソフトウェアの開発企業、スタジオ、ベンチャー投資家が集

→もっと見る

PAGE TOP ↑