【MAYA】アニメーションの軌道を表示したい!モーショントレイルについて。

公開日: : 最終更新日:2016/10/01 アニメーション

アニメーションを編集している時、どうやってオブジェクトが動いているのか、その軌跡を表示したくなるときがあります。直接編集できる、アニメーションの軌跡の表示方法と、その削除方法についてお話します。

【MAYA】アニメーションの軌道を表示したい!モーショントレイルについて。

アニメーション編集時にその軌道を表示出来る方法があります。

motiontrail
オブジェクトを選択し、Animateから、Create Editable Motion Trailを選ぶと、選択したオブジェクトのアニメーション軌跡が表示されます。

motiontrail1
キーが打たれている部分にはボックスとどのキーフレームか現す数字が表示され、そのボックスは移動モードにすることによって動かすことが出来ます。

motiontrail3
 

モーショントレイルを削除したい時はOutlinerのMotion Trail Handleを選びDeleteします。

motiontrail2
 

まとめ

アニメーション軌跡の表示方法

Animateから、Create Editable Motion Trailを選択。

 

アニメーション軌跡の編集方法

移動モードでボックスを移動させます。

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事

【MAYA】キャラクターセットアップ② スケルトンとオブジェクトのバインドとウエイト調整

キャラクターセットアップ、ジョイントツールでつくったスケルトンをオブジェクトに結びつけるバインドと、

記事を読む

【MAYA】基本、アニメーション、グラフエディタのハンドル操作についてです。

しばらくアニメーションから離れていると、忘れてしまったりして、ハンドル操作などいざやってみるとあれ?

記事を読む

【MAYA】キャラクターセットアップ③ IKとFKの違いと優先回転角について。

IKとFKの違いは、わかればそんなに難しくないのですが、アニメーションから離れていたら思いっきり忘れ

記事を読む

【MAYA】ノンリニアデフォーマ―で手軽にキレイなアニメーションやモデリング。①(Bend Flare Sine)

ノンリニアデフォーマ―でアニメーションで動きをつける時、自然な形をつくりやすいように思います。ノンリ

記事を読む

no image

【基本】抑えておきたいアニメーションの基本、ディズニーの12原則について。

アニメーションをつけるのに、とても大切な基本の12原則。そちらについて、自分でもいつでも振り返ること

記事を読む

【MAYA】アニメーション、ドープシートを操作してキーフレームを移動したい。

正直グラフエディタ程使わないけれど、時々使いたくなるドープシート、時間が空くと忘れてしまうので、書き

記事を読む

【MAYA】グラフエディタの基本操作、ホットキーを用いた表示変更やグラフの移動

慣れないうちは何度か確認してしまうグラフエディタの基本操作について書きました。 スポンサードリンク

記事を読む

【MAYA】アニメーションのフレームレートや再生速度などプリファレンスでの設定について。

たまに、アニメーションを再生した時に早い速度で再生されてしまうことがあり、最初のうちはどうしてかわか

記事を読む

【MAYA】アニメーション、グラフエディタで特定のカーブをブックマークする便利ツール

アニメーションをつくっていると、同じグラフを何度も選んだりすることがあり、そのつど、下へスクロールさ

記事を読む

【MAYA】アニメーション、キーフレームを削除?!ミュートについて。

アニメーションで知っていると便利なミュートについて書かせて頂きました。 【MAYA】アニメ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
【Photoshop】知ってると便利、ショートカットで操作スピードアップ

作業中にショートカットキーを使えたら効率はかなりアップします。そんなシ

【勉強法】勉強の効率を上げよう!

勉強はただやっていればいい、時間をかければいいというわけではなく、より

【勉強法】勉強がはかどる!やる気、モチベーションをあげるには。

勉強するときに、その行動の大元になる意欲、モチベーションをアップさせる

【勉強法】記憶の方法について。簡単にまとめてみました。

勉強は記憶から始まることがほとんどです。効率を上げるためにもメモとして

【勉強法】勉強量を増やす。時間をつくる方法

勉強時間はどうしても目標に応じた数が必要になると思います。その作り方に

→もっと見る

PAGE TOP ↑