【Photoshop&MAYA】モデルのテクスチャをよりリアルに。スペキュラー、バンプマップの作り方とその読み込み

公開日: : 最終更新日:2016/10/10 フォトショップ, モデリング

テクスチャの光沢や反射などを表現するスペキュラーマップや凹凸を表現するバンプマップなどの作成方法について自己流ですが書きました。

スポンサードリンク


【Photoshop&MAYA】モデルのテクスチャをよりリアルに。スペキュラー、バンプマップの作り方とその読み込み

葉っぱのテクスチャを準備しました。

leaf-texture2
Photoshopでファイルを開きます。

イメージ→色調補正→色相・彩度を選びます。そこで、彩度の値を0に下げると、画像がグレーになります。

leaf-texture15
その後イメージ→色調補正→レベル補正を選び、色を調節します。五角形(ホームベース形)のつまみを動かして色を調節します。このとき、必要があればイメージ→色調補正→階調の反転を選び白と黒を逆転させたりします。また、バンプマップを作る時は凹凸を、スペキュラーマップを作る時は反射の状態をイメージしながらつくります。ブラシやぼかしなどのフィルターを使ってもいいかもしれません。

mapimage
バンプマップはグレー50%が凹凸0として認識され、スペキュラーは黒が全くの反射なし、白がその逆になるので、それを意識して作ります。

バンプマップとスペキュラーマップが出来たらTargaかTiffで、32bitで保存します。

 

mayaでplaneに葉っぱのテクスチャを貼り付けます。

(テクスチャの貼り付け方はこちらです。http://thankstotoday.com/modeling-texture/

 

バンプマップとスペキュラーマップの貼り付けの設定は、Attribute Editorで行います。

バンプマップは青線の、スペキュラーマップはピンクの線のそれぞれ格子模様のボタンを押します。mapimage1
Create Render Noteのボックスが立ち上がるのでFileを選びます。各File Attributeの緑の線、フォルダのマークをクリックして希望のファイルを選ぶことで貼り付けることができます。

mapimage2
 

バンプはReflection(ピンク緑で囲んだ部分)で、スペキュラーについてはRefraction(ピンクで囲んだ部分)で設定します。leaf-texture17
葉っぱだけくり抜かれてレンダリングされました。

leaf-texture16
同じように凹凸をつくる

〈余談になりますが、Bump Mapと似たもので、DisplacementMapというのがありますが、バンプは見せかけの凹凸でDIsplacement Mapは実際に凹凸がつきます。(オブジェクトが変形)ただし、Displacement Mapはレンダリングがすごく重たくなるので、Bump Mapで済むならばその方がよいと思われます。〉

まとめ

テクスチャのファイルの彩度を落としフォトショップの各機能を使用し、バンプマップとスペキュラーマップを作ります。

バンプマップはグレー50%が凹凸0として認識され、スペキュラーは黒が全くの反射なし、白がその逆になります。

MAYA上で、テクスチャを張り付けたモデルのアトリビュートエディタ上、Bump MappingとSpecular Mappingから入り、FileAttributeのImage Nameのフォルダのボタンをクリックし、各マップを選びます。

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事

【MAYA】基本操作、モデリングの必須ツール、ナーブス(NURBS)をポリゴン(Polygon)にする。

ナーブスでつくったモデルをポリゴンにする機能について、書いてみました。ポリゴンでは作りづらいような形

記事を読む

【MAYA】マテリアルで金属やガラスの質感をつくろう!

マテリアルの基本・・というか、最初の頃に取り組むのがガラスや金属の質感づくりだと思うのですが、その辺

記事を読む

【MAYA】オブジェクトを放射状に押し出しする方法&フェースの間にできた余分なフェースを削除する方法

お恥ずかしい話ですが、わたしはMAYAを始めてしばらくしてから、放射状にフェースを押し出す方法を知り

記事を読む

【MAYA】モデリングの基本、モデルに合わせたテクスチャーを作ろう!

UVテクスチャーにモデルのUVを合わせる方法のほかに、テクスチャーをモデルに合わせて作る方法をお話し

記事を読む

【Photoshop】変幻自在!画像を色調補正しよう。②露光量、自然な彩度、色相・彩度、カラーバランス、白黒

色調補正にも便利なものがたくさんあって、フォトショップの便利さを実感します。画像をいろいろな感じに変

記事を読む

【MAYA】モデリングの基本操作、UV展開してテクスチャーの位置を合わせよう。

UVと最初聞いた時は何のことかさっぱりわからず(まず”紫外線”が浮かんでしまう位でした。)よくわから

記事を読む

【MAYA】モデリング、シェーダーの種類について。ブリンやメンタルレイ用ミア マテリアルなど

モデリングをしていると、いろんなシェーダーがあって、最初は何が何だかわからなかった覚えがあります。そ

記事を読む

【MAYA】アンビエントオクルージョンの設定して、モデルをよりリアルに見せよう!

モデルを最終絵にするときに、オクルージョンを設置すると、より設置した感じが増すと思います。アンビエン

記事を読む

【MAYA】モデリングの基本操作、便利な面取りツール、ベベル(Bevel)についてです。

工業製品など、面取りをすることがあると思うのですが、そんな時のお助けツール、Bevelについてです。

記事を読む

【MAYA】ナーブスサーフェースの基本、ハル、コントロールバーテックス等々。

ナーブスサーフェースの基本について、簡単ですがまとめてみました。 スポンサードリンク 【

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【MAYA】2017年度版レンダラ―、アーノルド(Arnord)のノイズ調整について少し書きました。

2017年度版から、mayaにはアーノルドレンダラ―が入りました。自分

【MAYA】Xgenを使って、オブジェクトに毛をはやす。

2017年度版からファーがメニューから無くなってしまい、これからはXg

【MAYA】2017年度版、MELを使用してメニューへファー(Fur)を呼びこもう!

maya2017年度版から、Furがメニューから消えてしまいました。た

【情報】福岡で就職をお考えの方に。福岡クリエイティブキャンプとそのイベントのご紹介

福岡で就職をお考えのクリエイターの方向けのプロジェクトがあります。

【情報】手近に楽しめる、スマホでのVR体験動画コンテンツ。

スポンサードリンク 【情報】手近に楽しめる、スマホでのVR体

→もっと見る

PAGE TOP ↑