【MAYA】基本操作、モデリングができたらヒストリーを削除しよう!

公開日: : 最終更新日:2016/10/01 モデリング

MAYAはモデリングした履歴をためていきます。、それがたくさんたまると動作が重くなります。動作を軽くするためにも、モデリングが終わったら(できれば区切り毎に)ヒストリーを削除します。

基本操作、モデリングができたらヒストリーを削除しよう!

モデリングをすると、MAYAにはその履歴が残っていきます。その履歴により、MAYAの動作が重くなります。

動きを軽くするために、ヒストリーを削除します。

history1青く囲んだ部分にこのオブジェクトのヒストリーが書かれています。

history2EditからDelete By Type 、Historyを選択すると、ヒストリーは削除されます。

 

ヒストリーの削除には二通りあります。

history3
EditメニューにDelete By Typeと、Delete All By Typeがあり、それぞれにHistoryの項目があります。この違いはDelete By Typeだと、その時選択されている物のみのヒストリーが削除され、Delete All By Typeだとすべてのオブジェクトのヒストリーが削除されます。

 

ヒストリーの削除後、青く囲んだ部分が削除されたのがわかります。

history4

まとめ

MAYAの動作を軽くするために、モデリングをしたらヒストリーを削除します。

削除の方法はEditからDelete By Type 、もしくはDelete All By Typeを選択し、Historyを選択します。

スポンサードリンク

関連記事

【MAYA】シャドウについて、オブジェクトの影の落とし方。投影やぼかしの方法について。

光を表すのに重要な役割をしてくれる影について、書いてみました。当たり前ではありますが光と影はセットで

記事を読む

【MAYA】環境ライティングとなるIBLに使うHDRIの設定

ライティングをフォトリアルにしてくれる、とても便利なIBLにつかうHDRIの設定方法について書いてみ

記事を読む

【MAYA】ナーブスモデリング、ロフトを使っていろんな形をつくる。

いろんな形を作ることができる、便利な基本ツール、ロフトについて、書きました。 スポンサードリンク

記事を読む

【MAYA】曲面づくりに便利。スカルプトツールを使って、モデリングを楽にしよう!

スカルプトツールはモデルを手動で成形するといびつになってしまうときに、とても役にたつツールだと思いま

記事を読む

【MAYA】モデリングの基本、モデルに合わせたテクスチャーを作ろう!

UVテクスチャーにモデルのUVを合わせる方法のほかに、テクスチャーをモデルに合わせて作る方法をお話し

記事を読む

【MAYA】オブジェクトの回転や拡大縮小を制御する、ピボットの移動やリセット

ピボットポイントとは、オブジェクトを選択し移動モードや回転モードになったときに、表示されるマニピュレ

記事を読む

【MAYA】ペイントファーアトリビュートツールでファーを自由自在に操ろう。(Paint Fur Attribute Tool)

Furツールは2017年度版からメニューになくなってしまいましたが、MELを挿入することでまだ使用で

記事を読む

【MAYA】基本操作、二つのオブジェクトを結合しよう。ブリッジ編

別々につくったオブジェクトを一つにしたい、モデリングではよく出てくることですが、そんな時に使えるツー

記事を読む

【MAYA】基本操作、NURBSでモデリング、回転(Revolve)でうつわをつくろう!

器やポットなど作る時に役立つのがCurve toolで線を描いてそれを回転させる方法です。初心者のう

記事を読む

【MAYA】基本、軸の切り替えや一体性によってフェースの押し出しの形が違ってくる!

ワールド、ローカル軸のどちらかで押し出すかや、フェースの一体性を保つかどうかで押し出しの形状が異なっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
【Photoshop】知ってると便利、ショートカットで操作スピードアップ

作業中にショートカットキーを使えたら効率はかなりアップします。そんなシ

【勉強法】勉強の効率を上げよう!

勉強はただやっていればいい、時間をかければいいというわけではなく、より

【勉強法】勉強がはかどる!やる気、モチベーションをあげるには。

勉強するときに、その行動の大元になる意欲、モチベーションをアップさせる

【勉強法】記憶の方法について。簡単にまとめてみました。

勉強は記憶から始まることがほとんどです。効率を上げるためにもメモとして

【勉強法】勉強量を増やす。時間をつくる方法

勉強時間はどうしても目標に応じた数が必要になると思います。その作り方に

→もっと見る

PAGE TOP ↑