「 アニメーション 」 一覧

【MAYA】アニメーション、キーフレームを削除?!ミュートについて。

2016/07/10 | アニメーション

アニメーションで知っていると便利なミュートについて書かせて頂きました。 【MAYA】アニメーション、キーフレームを削除?!ミュートについて。 ミュートはキーがあるけど、再生しないという機能

続きを見る

【MAYA】アニメーションの基本、スケールコンストレインについて。

2016/07/07 | アニメーション

アニメーションの拘束関係、方向を拘束するスケールコンストレインについて書いてみました。他のコンストレインの記事と似ていますが、それぞれ種類の違うコンストレインなので、記事を分けました。よろしければ読ん

続きを見る

【MAYA】アニメーションの基本、オリエントコンストレインについて。

2016/07/05 | アニメーション

アニメーションの拘束関係、方向を拘束するオリエントコンストレインについて書いてみました。他のコンストレインの記事とだぶるところもありますが、よろしければ読んで頂けたらと思います。 【MAYA】アニメ

続きを見る

【MAYA】アニメーションの基本、ポイントコンストレインについて。

2016/07/05 | アニメーション

コンストレインのうちポイントコンストレインについてお話します。 【MAYA】アニメーションの基本、ポイントコンストレインについて。 ポイントコンストレインは複数のオブジェクトの位置の拘束関係です。

続きを見る

【MAYA】 基本、わかるとちょっと楽になる?コンストレインと親子化(ペアレント化)の違い。

2016/07/05 | アニメーション

コンストレインや親子化といったアニメーションツールは混乱しやすいところですが、自分で後で振り返るために、ざっくりと親子化とコンストレインの違いについて書きました。 【MAYA】 基本、わかるとちょっ

続きを見る

【MAYA】アニメーションの軌道を表示したい!モーショントレイルについて。

2016/06/09 | アニメーション

アニメーションを編集している時、どうやってオブジェクトが動いているのか、その軌跡を表示したくなるときがあります。直接編集できる、アニメーションの軌跡の表示方法と、その削除方法についてお話します。 【

続きを見る

【MAYA】ペアレント化とペアレントコンストレイン、その違いと各設定方法

2016/05/16 | アニメーション

ペアレント化(親子化)とペアレントコンストレインは似ていますが別のもので、混乱しやすい箇所だと思っています。 その二つの違いについてと各設定方法について書いてみました。 スポンサードリンク

続きを見る

【MAYA】グラフエディタの基本操作、ホットキーを用いた表示変更やグラフの移動

2016/05/15 | アニメーション

慣れないうちは何度か確認してしまうグラフエディタの基本操作について書きました。 スポンサードリンク   【MAYA】グラフエディタの基本操作、ホットキーを用いた表示変更やグラフ

続きを見る

【MAYA】これは便利、アニメーション、グラフエディタ上のグラフを反転する方法

2016/05/12 | アニメーション

アニメーションを作成時に、グラフを反転したいときがありますが、そんな時のために、グラフの反転方法を書いてみました。 スポンサードリンク 【MAYA】これは便利、アニメーション、グラフエ

続きを見る

【MAYA】これはよく使う!アニメーション、キーフレームのコピーペースト方法

2016/05/11 | アニメーション

アニメーション作成時に、キーフレームの値をほかのフレームにコピーしたい時がありますが、そんな時のためにと書いてみました。 スポンサードリンク 【MAYA】これはよく使う!アニメーション、キ

続きを見る

【勉強法】頭は午前中の方が冴えている?!朝勉強のすすめ。

勉強法、勉強の時間帯、みんな向くものがそれぞれあると思うのですが、朝の

【Zbrush Core】日本語を英語にしたい、言語変更の方法についてです。

Zbrushはとても楽しいソフトですね。価格もZbrushよりも安く、

【勉強法】本の選び方、かしこい読書方法とは?!

本は情報を得るための、もっとも効率の良いツールになります。 小説

【勉強法】年齢のせいにばかりしてはいけない!?記憶力が落ちてきたら、気を付けたいこと。

我ながら書いていてトホホなタイトルですが、操作方法を覚えていることが出

【Photoshop】知ってると便利、ショートカットで操作スピードアップ

作業中にショートカットキーを使えたら効率はかなりアップします。そんなシ

→もっと見る

PAGE TOP ↑