【MAYA】ノンリニアデフォーマ―で手軽にキレイなアニメーションやモデリング。①(Bend Flare Sine)

公開日: : 最終更新日:2016/10/23 アニメーション, モデリング

ノンリニアデフォーマ―でアニメーションで動きをつける時、自然な形をつくりやすいように思います。ノンリニアデフォーマ―の種類と設定について、まとめてみました。

スポンサードリンク

 

【MAYA】ノンリニアデフォーマ―で手軽にキレイなアニメーションやモデリング。①(Bend Flare Sine)

ノンリニアデフォーマ―を使えば、手でオブジェクトに変化をつけるよりも、格段にきれいにモデルに変化をつけることができます。

Bend Flare Sine Squash Twist Waveがあります。こちらの記事では Bend Flare Sineについて、書いています。

Squash Twist Waveについては下のリンクで書かせて頂いています。

【MAYA】ノンリニアデフォーマ―で手軽にキレイなアニメーションやモデリング。②(Squash Twist Wave)

ノンリニアデフォーマの付け方

オブジェクトを選択してメニューリストAnimation→Create Deformers→Nonlinear→Bendなど希望の項目を選びます。

項目横の□をクリックすると、適用前にボックスが立ち上がりその場で設定もできますが、動かしながら希望の形を見つけることが多いかと思います。ノンリニアデフォーマ―の設定は適用後にAttribute Editorですることが出来ますので、個人的にはひとまずそのままメニューを選んでもいいかと思います。

ボックスを立ち上げた場合はCreateないしApplyを押すとノンリニアデフォーマ―が適用されます。

共通するアトリビュートについて

Low BoundとHigh Boundはそれぞれ下限範囲と上限範囲を動かすことが出来ます。

ノンリニアデフォーマの種類

lin1Bend

軸に沿って曲げてくれます。

Cubeのオブジェクトに適用させました。

こちらはbendのAttribute Editorです。曲がり具合はCurvatureで調整します。また、マニピュレータが出ますが、これは移動回転スケールが可能です。下図では、右端の画像はまずCurvatureでまげて、その後にマニピュレーターを回転させて作りました。lin4
lin2
逆にマニピュレーターを先に回転させて、その後Curvatureで変形させてみるとこのような形もできました。

海老の動きとか、モデルをもう少しつくって手が動く様子などでもいいですね。

lin3

Flare

XとZ二方向の軸に沿って広げたり縮めたりできます。

こちらはFlareのAttribute Editorです。lin5
 

スポンサードリンク



 

こちらのCylinderにFlareを適用しました。

lin8
 

設定を動かして、ワイヤーフレーム表示(4キー)にしたところです。上の緑の円がEnd Flareで下の緑の円がStartFlareです。X方向とZ方向に動かせます。

lin6
マニピュレーター自体の、移動回転、スケールによってもオブジェクトは変形します。(下図は上に移動させました。)

lin7
 

Sine

オブジェクトを正弦波状にしてくれます。

こちらはsineのAttribute Editorです。こちらで正弦波効果の範囲や振幅などを設定できます。

lin10
左側のCubeが右側のような感じになります。lin9
Amplitudeは正弦波の振幅を調節でき、Wavelengthは正弦波の波長を調節できます。

lin20
offsetを動かしてそれぞれのタイミングでキーを打っていくとオブジェクトは波うってくれます。

まとめ

オブジェクトを選択してメニューリストAnimation→Create Deformers→Nonlinear→希望の項目を選びます。

Bendはオブジェクトを曲げてくれます。

Flareは主に上の面と下の面を広げたり、狭めたりするのに便利です。

Sineはオブジェクトを正弦波状にしてくれます。

 

この記事の続きを書きました。

【MAYA】ノンリニアデフォーマ―で手軽にキレイなアニメーションやモデリング。②(Squash Twist Wave)

使えたら、モデルもアニメーションも確実にレベルアップすると思うので嬉しいですね。

 

スポンサードリンク

関連記事

【MAYA】2017年度版、MELを使用してメニューへファー(Fur)を呼びこもう!

maya2017年度版から、Furがメニューから消えてしまいました。ただ、MELに入力することでメニ

記事を読む

【MAYA】オブジェクトを放射状に押し出しする方法&フェースの間にできた余分なフェースを削除する方法

お恥ずかしい話ですが、わたしはMAYAを始めてしばらくしてから、放射状にフェースを押し出す方法を知り

記事を読む

【MAYA】基本、バッチレンダーでアニメーションのレンダリングをしよう。

アニメーションのレンダリング方法についてですが、静止画の時と動画とは当然ながらレンダリング方法が違う

記事を読む

【MAYA】曲面づくりに便利。スカルプトツールを使って、モデリングを楽にしよう!

スカルプトツールはモデルを手動で成形するといびつになってしまうときに、とても役にたつツールだと思いま

記事を読む

【MAYA】ペイントファーアトリビュートツールでファーを自由自在に操ろう。(Paint Fur Attribute Tool)

Furツールは2017年度版からメニューになくなってしまいましたが、MELを挿入することでまだ使用で

記事を読む

【MAYA】親子化(ペアレント化)とコンストレインの違いについて実際に動かして調べてみました。

親子化やコンストレインについて、混乱しているので、それを整理するため、実際にいろいろと比べながら動か

記事を読む

【MAYA】基本、二つのオブジェクトをつなげよう。マージツールについて。

二つのオブジェクトをつなげる、マージツールについて、エッジと頂点のマージについて書きました。(エッジ

記事を読む

【MAYA】モデリングの基本操作。オブジェクトの結合(Combine)分離(Separate)ブーリアン(Booleans)

モデリングの基本機能、結合と分離、ブーリアンについて、まとめてみました。 スポンサードリンク

記事を読む

【MAYA】基本操作、これは便利!カーブツールでモデリング。紐をつくろう。

ナーブスで紐を作ってみようと思います。カーブのパスと紐の太さや形状をあらわすパス二つを書いて、Ext

記事を読む

【MAYA】アンビエントオクルージョンの設定して、モデルをよりリアルに見せよう!

モデルを最終絵にするときに、オクルージョンを設置すると、より設置した感じが増すと思います。アンビエン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【MAYA】2017年度版レンダラ―、アーノルド(Arnord)のノイズ調整について少し書きました。

2017年度版から、mayaにはアーノルドレンダラ―が入りました。自分

【MAYA】Xgenを使って、オブジェクトに毛をはやす。

2017年度版からファーがメニューから無くなってしまい、これからはXg

【MAYA】2017年度版、MELを使用してメニューへファー(Fur)を呼びこもう!

maya2017年度版から、Furがメニューから消えてしまいました。た

【情報】福岡で就職をお考えの方に。福岡クリエイティブキャンプとそのイベントのご紹介

福岡で就職をお考えのクリエイターの方向けのプロジェクトがあります。

【情報】手近に楽しめる、スマホでのVR体験動画コンテンツ。

スポンサードリンク 【情報】手近に楽しめる、スマホでのVR体

→もっと見る

PAGE TOP ↑