【MAYA】エフェクト、ぜひ活用したい、パーティクルのコリジョンイベントの作成について。

公開日: : 最終更新日:2016/10/11 エフェクト

mayaでオブジェクトやパーティクルがぶつかる効果を作ることが出来ますが、エフェクトを作る上で基本的で大事なツールです。備忘録として、書いておこうと思います。

スポンサードリンク


【MAYA】エフェクト、ぜひ活用したい、パーティクルのコリジョンイベントの作成について。

下に落下するパーティクルとその下に平面があります。パーティクルは平面を貫通していきます。この平面に対して、パーティクルの衝突効果を作ってみようと思います。

パーティクルの衝突を作る。

defo
まず、パーティクルを選んで、Shift を押し平面を選びます。必ず先にパーティクルを選びます。その後particles→Make Collideを選びます。このとき、MakeCollide横の□をクリックするとオプションが表示されます。

Resilenceは弾性で跳ね返りの強さをあらわし、Frictionは摩擦になり摩擦のつよさになります。デフォルトではResidenceが1、Frictionが0となっているようです。Resilenceが1の時はぶつかる前と同じスピードで跳ね返ります。0の時は弾みません。Frictionが0だと摩擦がかからなくなりスピードは落ちませんが、1の時は摩擦がつよくなり平面にくっつくような感じになります。。
op
ApplyもしくはCreateを押すと適用されます。これはResilenceが1、Frictionが0の状態です。Resilenceが1の時はぶつかる前と同じスピードで跳ね返ります。

11
Resilenceが0の時は跳ね返らず、滑るように落ちていきます。

これはResilenceが0、Frictionが0の状態です。

00
Frictionが1の時は摩擦が最大になり、平面にくっつくような感じになります。

これはResilenceが0、Frictionが1の状態です。
01
Resilenceが1、Frictionが1の状態ではこのようになります。

10
 

この数値はChannelbox/LayerEditorでも変更できます。平面を選びgeoConnector1をクリックすると入力できるようになります。

 

スポンサードリンク



 

31

パ―ティクルの衝突イベントの作成

particle →particle Collision Event Editorを選びます。下のようなパネルが出てきます。

pan
ピンクのラインを引いたところに、選択されているオブジェクトが出てきます。

EventのタイプとしてはEmitとSplitがあります。(グリーンのライン)

Emitはぶつかるともとのパーティクルにプラスして、新しいパーティクルが出てきます。

Splitはぶつかるともとのパーティクルが消え、新たなパーティクルが出てきます。

また、Emitを選択した状態で、Original particle dies(青のライン)にチェックを入れるとSplitと同じ効果となります。

ボックスの一番下、左にあるボタンCreate Eventを押すとイベントが適用されます。一度イベントを適用したものの、そのイベントを変更したい時は、一度Delete Eventをおしてイベントを消去してから、変更したイベントを再度Create Eventを押して適用させます。

オレンジのラインTarget Particleはこのイベントが適用されるパーティクル名が出ます。これは手入力も可です。何も入力せずCreate Eventを押すと、イベント作成により新たに出たグレーのパーティクル、particle2が入力されました。

Emitの効果をみてみます。跳ね返ったときにグレーの新しいパーティクルが放出されているのがわかります。em
Splitの効果を見てみます。

跳ね返るときに、もとのブルーのパーティクルが消え、新しいグレーのパーティクルが出ているのがわかります。sp
All collisions(紫のライン)にチェックを入れていると、全ての衝突でパーティクルが新たに発生します。赤い○の所で衝突し、新たなパーティクルが出ているのが分かります。ad
イベントを最初のバウントだけにしたい時などはここのチェックを外して、Collision numberに1と入れると、そのバウンドの時だけ新たなパーティクルがでるようになります。ちょっと見づらいですが、二回目のバウンドの右下あたりを見ると、グレーのパーティクルが無いのがわかります。

ad2
グレーのパーティクルは新たにつくられたもので、重力の影響がかかっていないので、重力の影響をかけてあげます。

window→Rerationship Editors→Dynamic Rerationshipsを選び、グレーのパーティクル(ここではparticle2)を重力フィールドにつなげてあげます。

Rerationship Editorsについてはこちらに書かせて頂きました。

【MAYA】ダイナミクス、パーティクルにフィールドを適用する方法。

グレーのparticle2にも重力がかかりました。

 

 

gr

まとめ

パーティクルを選んで、Shift を押し平面を選びます。必ず先にパーティクルを選びます。その後particles→Make Collideを選びます。

オプションボックスやChannelbox/LayerEditorでResilenceやFrictionを調整します。

さらに衝突イベントを作る時は、

particle →particle Collision Event Editorを選びます。Eventのタイプを選び、調整して、CreateEventを押し適用します。

新たなパーティクルにはフィールド効果などがかかっていないので、その辺りもDynamic Rerationship Editorで調整します。

 

イベントの作成などでは、エフェクトの幅が広がりますね。落下する水の水しぶきなどを作る時とかよさそうだなと思いました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

関連記事

【MAYA】わかれば楽しい!エフェクト、パーティクルの設定について①~エミッター等について~

パーティクルでさまざまなものを表現すると思うのですが、その設定について、書いてみました。しっかりと自

記事を読む

【MAYA】流体エフェクト、3D、2Dのコンテナをつくり、エミッターを追加しよう。

まだ勉強を始めたばかりで、忘れないために、流体コンテナや流体エミッタの作り方について、書いておこうと

記事を読む

【MAYA】パーティクルディスクキャッシュを使えば、レンダリングが確実になり、時間を節約できます。

レンダリング時間を節約して、確実なレンダリングをもたらしてくれる、パーティクルディスクキャッシュの作

記事を読む

【MAYA】エフェクト、大気の動きをシミュレーションしてくれるAirフィールドについて。

パーティクル等に影響を与えるフィールドについて、air fieldについて書いてみました。 スポン

記事を読む

【MAYA】パーティクルのライフスパンをランダムに設定する。

パーティクルのライフスパンを個々に設定する方法について、書いてみました。 スポンサードリンク

記事を読む

【MAYA】エフェクト、パーティクルに重力を与えるgravityフィールドについて。

重力を与えてくれるgravityフィールドについて、書いてみました。 スポンサードリンク

記事を読む

【MAYA】わかれば楽しい!エフェクト、パーティクルの設定について。②~Particle Shapeタブ~

エフェクト、パーティクルの設定で知らないと困る、その形など必須の部分について書いておこうと思います。

記事を読む

【MAYA】エフェクト、エミッターからパーティクルをだそう!

エフェクトではパーティクルを多用しますが、エミッターからパーティクルを放出する方法や、その準備として

記事を読む

【MAYA】エフェクト、パーティクルツールで、停止したパーティクルを作る。

パーティクルはエミッターから出るもの。というなんとなくの思い込みがあったのですが、このツールを知った

記事を読む

【MAYA】パーティクルに色をつけよう。オブジェクト全体とパーティクル個別のカラー設定。

パーティクルを使う上で欠かせない、色をつける方法について、書いておこうと思います。 スポンサードリ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【情報】勉強時間をつくる方法

勉強時間はどうしても目標に応じた数が必要になると思います。その作り方に

【情報】勉強、学習計画の立て方を見直して、効率的にパワーアップしよう!

どんなものを学習するにせよ、計画をたてることで、より効率をあげ、より力

【MAYA】2016年、2017年度版のカラーコレクション設定方法についてです。

カラーコレクションの方法はmayaのバージョンが上がるたびに楽になって

【情報】デスクワーク、パソコン作業につきものの肩こり、腰痛をストレッチで緩和しよう!

デスクワーク、パソコン作業にはつきものの、目や首肩、腰痛ですが、それを

【情報】VRアワード2017が開催されます。

VRのコンテスト、VRアワード2017が開催されます。 【情報】VR

→もっと見る

PAGE TOP ↑