「 フォトショップ 」 一覧

【Photoshop】知ってると便利、ショートカットで操作スピードアップ

2017/04/17 | フォトショップ

作業中にショートカットキーを使えたら効率はかなりアップします。そんなショートカットをリストアップしてみました。 スポンサードリンク 【Photoshop】知ってると便利、ショートカットで操

続きを見る

【Photoshop】変幻自在!画像を色調補正しよう。③レンズフィルター、シャドウ・ハイライト、HDRトーン、ポスタリゼーション

2016/09/14 | フォトショップ

大変便利な色調補正。数が多いので、あとで確認のためにも、書いてみました。たくさんあるので、色々と加工の幅が広がりますね! スポンサードリンク 【Photoshop】変幻自在!画像を色調補正

続きを見る

【Photoshop】変幻自在!画像を色調補正しよう。②露光量、自然な彩度、色相・彩度、カラーバランス、白黒

2016/09/13 | フォトショップ

色調補正にも便利なものがたくさんあって、フォトショップの便利さを実感します。画像をいろいろな感じに変えてくれる色調補正について、まとめてみました。 スポンサードリンク 【Photoshop

続きを見る

【Photoshop】変幻自在!画像を色調補正しよう。①明るさ・コントラスト、レベル補正、トーンカーブ

2016/09/11 | フォトショップ

画像の色を調整する、色調補正ですが、基本的なことながら、わりと知らないところもあって、そんな所をしっかりおさえておこうと、記事にしてみました。 スポンサードリンク 【Photoshop】変

続きを見る

【Photoshop】選択ツールのあれこれ。さまざまなツールと選択範囲の変形や反転について。

2016/09/10 | フォトショップ

フォトショップを使っていて、まだ選択ツールがよくわかっていない…と実感したので、この機会にまとめてみました。 スポンサードリンク 【Photoshop】選択ツールのあれこれ。さまざまなツー

続きを見る

【Photoshop】雲模様とスクリーンを使って、湯気や霧を合成しよう!

2016/08/21 | フォトショップ

画像に湯気や霧を加えたいときなど、雲模様を使うと簡単に出来て便利なので、書いておこうと思いました。アフターエフェクトで同様の操作について書いてみたのですが、その記事はこちらになります。 【アフタ

続きを見る

【Photoshop】ワープやパペットワープで画像を変形させよう。

2016/08/21 | フォトショップ

画像を変形させたい時に便利な機能の一つのワープ機能について書いてみました。 スポンサードリンク 【Photoshop】ワープやパペットワープで画像を変形させよう。 ワープやパペットワープ

続きを見る

【Photoshop】画像合成に使うブレンドモード、ディザ合成、比較(暗)、比較(明)、スクリーン

2016/07/27 | フォトショップ

たくさんあるブレンドモード、自分の勉強のためにまとめてみました。表現の幅を広げてくれるツールだと思います。このページではディザ合成と比較(暗)(明)、乗算、スクリーンについて書いています。 スポンサ

続きを見る

【Photoshop】画像補正(レタッチ)して、写真を思いのままに加工しよう!

2016/07/13 | フォトショップ

撮ってきた写真の修整をしたいと思うことはよくあります。フォトショップの得意とするレタッチについて書いてみました。 スポンサードリンク 【Photoshop】画像補正(レタッチ)して、写真を

続きを見る

【Photoshop&MAYA】モデルのテクスチャをよりリアルに。スペキュラー、バンプマップの作り方とその読み込み

テクスチャの光沢や反射などを表現するスペキュラーマップや凹凸を表現するバンプマップなどの作成方法について自己流ですが書きました。 スポンサードリンク 【Photoshop&MAYA】モデル

続きを見る

no image
【Photoshop】知ってると便利、ショートカットで操作スピードアップ

作業中にショートカットキーを使えたら効率はかなりアップします。そんなシ

【勉強法】勉強の効率を上げよう!

勉強はただやっていればいい、時間をかければいいというわけではなく、より

【勉強法】勉強がはかどる!やる気、モチベーションをあげるには。

勉強するときに、その行動の大元になる意欲、モチベーションをアップさせる

【勉強法】記憶の方法について。簡単にまとめてみました。

勉強は記憶から始まることがほとんどです。効率を上げるためにもメモとして

【勉強法】勉強量を増やす。時間をつくる方法

勉強時間はどうしても目標に応じた数が必要になると思います。その作り方に

→もっと見る

PAGE TOP ↑