【MAYA】アニメーションの基本、ポイントコンストレインについて。

公開日: : 最終更新日:2016/09/30 アニメーション

コンストレインのうちポイントコンストレインについてお話します。

【MAYA】アニメーションの基本、ポイントコンストレインについて。

ポイントコンストレインは複数のオブジェクトの位置の拘束関係です。親(かける方)が動くと同じように子(かけられる方)も動きます。

コンストレインは子独自で動く事はできず、一瞬動く事はできても親が動き始めれば子は動く前の位置に戻され、そこから親に追従するので事実上子は独自では動けないことになり、つねに親に追従するということになります。(親子化では子は独自で移動できます。子が動いた後に親が動くと子は動いた位置から移動することになります。)

かける時は、かける方を先に選んでかけられる方を後に選んで、Constrain→Pointを選びます。

この時、Pointの横の□をクリックすると、オプションが表示されます。

point4
この時注意が必要なのがMaintain Offsetです。これにチェックが入っているとコンストレインした位置関係を保ちます。

point2
これにチェックが入ってないと下のボックスにはいっている数値でコンストレインされます。基準はピボットポイントになり、左からX,Y,Zの数値となります。

たとえば(0,0,0)だった場合はそれぞれのピボットポイント同士の距離は(0,0,0)となり、くっつきます。

point3
これが(3,3,3)だった場合は双方のピボットポイントが(3,3,3)離れることになります。図がわかりづらいですが…。(汗)

point6
point5
ポイントコンストレインの座標はかける方もかけられる方も原点を基準に表示されます。親子化の場合は子は親の座標が基点となるので、親が動いても変化しませんが、コンストレインの場合はかける方もかけられる方もワールドの原点を基準にした座標が表示されます。

ポイントコントレインでは親(かける方)を複数持つことが出来ます。その時子(かけられる方)は親たちの間を動きます。

まとめ

ポイントコンストレインは移動に関する拘束関係で、まずかける方を選択し、Shiftを押しながら、かけられる方を後に選んでConstrain→Pointを選んで設定できます。

Pointの横の□を押すとオプションが表示されMaintain Offsetなどで位置関係を設定できます。

 

スポンサードリンク

関連記事

【MAYA】アニメーションを繰り返しさせたい!グラフエディタのサイクル設定について。

アニメーションをサイクルさせる方法について書いてみました。 スポンサードリンク 【M

記事を読む

【MAYA】グラフエディタの基本操作、ホットキーを用いた表示変更やグラフの移動

慣れないうちは何度か確認してしまうグラフエディタの基本操作について書きました。 スポンサードリンク

記事を読む

【MAYA】アニメーションの基本、オリエントコンストレインについて。

アニメーションの拘束関係、方向を拘束するオリエントコンストレインについて書いてみました。他のコンスト

記事を読む

【MAYA】キャラクターセットアップ② スケルトンとオブジェクトのバインドとウエイト調整

キャラクターセットアップ、ジョイントツールでつくったスケルトンをオブジェクトに結びつけるバインドと、

記事を読む

【MAYA】便利機能、アニメーションのタイムラインのずらし方。②タイムスライダ上でのずらし方。

アニメーションをやっていて、時々グラフを動かしたい時があります。そんな時の便利な方法をお話します。①

記事を読む

【MAYA】ラティスデフォーマ―でオブジェクトを変形させよう。

複数のオブジェクトをまとめて編集できる便利なラティスについて書いてみました。 スポンサードリンク

記事を読む

【MAYA】アニメーション、キーフレームを削除?!ミュートについて。

アニメーションで知っていると便利なミュートについて書かせて頂きました。 【MAYA】アニメ

記事を読む

【MAYA】 基本、わかるとちょっと楽になる?コンストレインと親子化(ペアレント化)の違い。

コンストレインや親子化といったアニメーションツールは混乱しやすいところですが、自分で後で振り返るため

記事を読む

【MAYA】アニメーション、グラフエディタで特定のカーブを表示させたい!

アニメーションをしていて、特定のカーブタイプを表示させたい時に役に立つツールについてお話します。

記事を読む

【MAYA】キャラクターセットアップ① ジョイントツールでスケルトンを作る。

キャラクターを動かすのに、骨組みをつくりますが、今回はその方法についてお話します。 スポンサードリ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【MAYA】2017年度版レンダラ―、アーノルド(Arnord)のノイズ調整について少し書きました。

2017年度版から、mayaにはアーノルドレンダラ―が入りました。自分

【MAYA】Xgenを使って、オブジェクトに毛をはやす。

2017年度版からファーがメニューから無くなってしまい、これからはXg

【MAYA】2017年度版、MELを使用してメニューへファー(Fur)を呼びこもう!

maya2017年度版から、Furがメニューから消えてしまいました。た

【情報】福岡で就職をお考えの方に。福岡クリエイティブキャンプとそのイベントのご紹介

福岡で就職をお考えのクリエイターの方向けのプロジェクトがあります。

【情報】手近に楽しめる、スマホでのVR体験動画コンテンツ。

スポンサードリンク 【情報】手近に楽しめる、スマホでのVR体

→もっと見る

PAGE TOP ↑