【アフターエフェクト】フラクタルノイズをスクリーンで載せる、湯気や霧の作り方についてです。

公開日: : 最終更新日:2016/09/29 アフターエフェクト

フォトショップでの方法を以前書いたのですが、アフターエフェクトでの方法についても、書いておこうと思いました。フォトショップでは雲模様を使いますが、アフターエフェクトではフラクタルノイズを使います。雲模様と同様、温泉、飲み物の湯気、街の霧などを表現するのによいツールですね!

スポンサードリンク


【アフターエフェクト】フラクタルノイズをスクリーンで載せる、湯気や霧の作り方についてです。

アフターエフェクトで霧や湯気を表現する方法について書いてみました。フォトショップでの方法はこちらです。【Photoshop】雲模様とスクリーンを使って、湯気や霧を表現しよう!基本的なことはあまり変わらない感じです。

アフターエフェクトで、青い平面のレイヤーをつくります。(レイヤー→新規→平面 平面の作り方はこちらです。【アフターエフェクト】基本操作、ファイルの読み込みと平面の作り方

その上に調整レイヤーをつくります。(レイヤー→新規→調整レイヤー)clouda5
その調整レイヤーにエフェクトをかけます。エフェクト→ノイズ&グレイン→フラクタルノイズを選びます。画面がこのようになります。

clouda1
 

特定の範囲に霧や湯気を発生させたい場合はマスクをかけます。ペンツールを選びます。

clouda6
 

ペンでマスクをかけます。下の青いレイヤーが見えます。

clouda2
調整レイヤーのマスク、マスクの境界のぼかしや、マスクの不透明度でフラクタルノイズを調整します。さらにモードをスクリーンにします。

 

 

 

clouda7
またエフェクトコントロールタブのスケールでフラクタルノイズを調整したり、フラクタルの種類やノイズの種類の種類を変更できます。clouda4
境界や透明度が変わり、また黒い部分が消え、こんな感じになりました。

clouda8
 

まとめ

霧や湯気を掛けたいレイヤーの上に調整レイヤーをつくりそこにエフェクトのフラクタルノイズを選びます。調整レイヤーはスクリーンを適用させます。

特定の場所に霧や湯気を掛けたいときは、マスクをかけます。

マスクの境界をぼかしたり不透明度をかえたり、フラクタルノイズのスケールを変えて調節します。

温泉、飲み物の湯気、街の霧などを表現するのによいツールだと思います。

 

スポンサードリンク

 

関連記事

【アフターエフェクト】プロジェクト、コンポジション、タイムライン、各パネルについて。

アフターエフェクトをやっていると、パネルの名称とか忘れていて時折なんだっけ・・。と思うことがあります

記事を読む

【アフターエフェクト】初心者向け マスクの切り抜きについて基本の操作を説明します。

習いたての頃は、何度か調べることになったマスクの切り方について、その切り方や、ぼかし、拡張について書

記事を読む

【アフターエフェクト】ロゴアニメーションのための、イラストレーターからの文字の読み込み

アフターエフェクトでロゴアニメーションを作る際、ロゴファイルは文字がばらされた状態で、読み込みたいの

記事を読む

【アフターエフェクト】アニメーションの作り方、キーフレームを追加し再生をする。

アフターエフェクトの簡単なアニメーションの付け方について書いてみました。ロゴアニメーションをつくろう

記事を読む

【アフターエフェクト】被写界深度を調節しよう。② 調整レイヤーを使いデプスでぼかしを入れる。

MAYAでつくった画像をAfter Effectsに持って行き、被写界深度を調節する所について書いて

記事を読む

【アフターエフェクト】基本操作、ファイルの読み込みと平面の作り方

アフターエフェクトで一番最初にするのが、ファイルの読み込みです。読み込んだファイルをタイムラインパネ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【MAYA】2017年度版レンダラ―、アーノルド(Arnord)のノイズ調整について少し書きました。

2017年度版から、mayaにはアーノルドレンダラ―が入りました。自分

【MAYA】Xgenを使って、オブジェクトに毛をはやす。

2017年度版からファーがメニューから無くなってしまい、これからはXg

【MAYA】2017年度版、MELを使用してメニューへファー(Fur)を呼びこもう!

maya2017年度版から、Furがメニューから消えてしまいました。た

【情報】福岡で就職をお考えの方に。福岡クリエイティブキャンプとそのイベントのご紹介

福岡で就職をお考えのクリエイターの方向けのプロジェクトがあります。

【情報】手近に楽しめる、スマホでのVR体験動画コンテンツ。

スポンサードリンク 【情報】手近に楽しめる、スマホでのVR体

→もっと見る

PAGE TOP ↑