【アフターエフェクト】プロジェクト、コンポジション、タイムライン、各パネルについて。

公開日: : 最終更新日:2016/09/30 アフターエフェクト

アフターエフェクトをやっていると、パネルの名称とか忘れていて時折なんだっけ・・。と思うことがあります。基本事項なのですが、忘れてしまいがちなことなので載せてみました。

【アフターエフェクト】プロジェクト、コンポジション、タイムライン、各パネルついて。

panelの種類

1プロジェクトパネル

素材を読み込むパネルです。コンポジションなどおいておきます。この裏にエフェクトコントロールタブがあり、それをクリックすることでエフェクトコントロールタブを表示することが出来ます。

2、コンポジションパネル

レイヤーの調整や加工をプレビュー確認できます。この裏にはレイヤー、フッテージ、フローチャートタブなどを持ってくることができます。タブをクリックするとそれが前面に表示されます。(後で説明がありますが、ウインドウのメニューでコンポジションの裏に持って来るか来ないかを選べます。)

3、タイムラインパネル

テキストやシェイプ、コンポジションなどレイヤーとして配置され、様々な設定をします。

AE3
タイムラインパネルには下図のようにレイヤーが配置されます。並んだレイヤーはこのパネルの上に配置されているものほど、画面の前面に配置されます。

rogo6
フッテージとは

素材ファイルのことです。

コンポジションとは

読み込んだフッテージをレイヤーとして配
置して、アニメーションや様々な効果を加えて、一つの映像にする箱やフォルダみたいなものです。

ツールバーについて

プロジェクトパネルの上にあるのはツールバーです。toolbar
 

ボタンの下に三角のマークがあるものはさらにメニューを持っています。長押しするとメニューがでてきます。

ペンのマークを長押しすると、下図のよう
なメニューが出てきます。green8
 

2コンポジションパネルと3タイムラインパネルの右横のスペースには文字や情報などが現在表示されています。

また、表示させるものはウインドウメニューで選べます。

windowmenu
 

 

まとめ

パネルの種類

1プロジェクトパネル

素材置き場の役割をします。

2、コンポジションパネル

プレビューを観ることなどが出来ます。

3、タイムラインパネル

レイヤーの設定をします。

 

 

スポンサードリンク

 

関連記事

【アフターエフェクト】初心者向け マスクの切り抜きについて基本の操作を説明します。

習いたての頃は、何度か調べることになったマスクの切り方について、その切り方や、ぼかし、拡張について書

記事を読む

【アフターエフェクト】基本操作、ファイルの読み込みと平面の作り方

アフターエフェクトで一番最初にするのが、ファイルの読み込みです。読み込んだファイルをタイムラインパネ

記事を読む

【アフターエフェクト】アニメーションの作り方、キーフレームを追加し再生をする。

アフターエフェクトの簡単なアニメーションの付け方について書いてみました。ロゴアニメーションをつくろう

記事を読む

【アフターエフェクト】ロゴアニメーションのための、イラストレーターからの文字の読み込み

アフターエフェクトでロゴアニメーションを作る際、ロゴファイルは文字がばらされた状態で、読み込みたいの

記事を読む

【アフターエフェクト】被写界深度を調節しよう。② 調整レイヤーを使いデプスでぼかしを入れる。

MAYAでつくった画像をAfter Effectsに持って行き、被写界深度を調節する所について書いて

記事を読む

【アフターエフェクト】フラクタルノイズをスクリーンで載せる、湯気や霧の作り方についてです。

フォトショップでの方法を以前書いたのですが、アフターエフェクトでの方法についても、書いておこうと思い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【情報】VRの医療方面での開発、外科手術のトレーニングや、鬱の改善に。

自分のメモとして、VR技術の利用についてまとめておこうと思いました。医

【情報】アニメーションの要、リグの作成についてのセミナーが開かれます。(MAYA)

リグは難しいイメージがあり、自分もわからないことだらけですが、根気よく

【情報】VRを装着、ライドに乗ってエヴァンゲリオンの世界へ。USJのアトラクション

VRを装着して、さらにライドに乗り込む、新たな世界を体験できる世界初、

【MAYA】キャラクターセットアップ③ IKとFKの違いと優先回転角について。

IKとFKの違いは、わかればそんなに難しくないのですが、アニメーション

【情報】自動社業界、建築土木業界など産業界でのVR導入事例について。

VRはエンターテイメントだけでなく、自動車業界や、建築土木業界など産業

→もっと見る

PAGE TOP ↑