【MAYA】モデリングの基本操作。オブジェクトの結合(Combine)分離(Separate)ブーリアン(Booleans)

公開日: : 最終更新日:2016/11/20 モデリング

モデリングの基本機能、結合と分離、ブーリアンについて、まとめてみました。

スポンサードリンク


【MAYA】モデリングの基本操作。オブジェクトの結合(Combine)分離(Separate)ブーリアン(Booleans)

モデリングで便利に使える基本ツール、結合、分離、ブーリアンですが、メニューリストPolygonsで、MeshからそれぞれCombine(結合)、Separate(分離)、Booleans(ブーリアン)を選びます。

ブーリアンにはUnions Difference Intersectionがあります。

mod1
 

SphereとConeを作ってみました。

mod2

結合(Combine)分離 (Separate)について。

SphereとConeを重ねてみます。わかりやすいように4キーを押して、ワイヤーフレーム表示にしました。

Combine(結合)

mod3
ここでMesh→Combineを選びます。

SphereとConeは一つのオブジェクトになり、マニピュレーターの位置も変わりました。

mod4

Separate(分離)

このオブジェクトにSeparateをかけてみます。SphereとConeの色がわかれ、オブジェクトが分割されたのが分かります。

mod9

スポンサードリンク


Booleans(ブーリアン)

同じくSpereとConeにBooleansを選択しそれぞれUnions Difference Intersectionを選びます。

Union

Union は選択した複数のオブジェクトを一つのオブジェクトにします。

mod6
Combineとは違い、Coneの先端が消え、一体化しています。

これは他の記事で造ったロケットのモデルですが、本体と羽を一体化させた時のものです。Unionを選ぶときに横の□を押してオプションを表示します。

n14
EdgeとNormalという選択肢がありますが、Normalだと結合後も本体内部に羽のモデルが残っているのが分かります。本体内部を覗くと羽の本体内部側に残った部分が出っ張っているのを確認することが出来ます。Edgeだと一体化した内部側は削除されて本体内側からモデルをみると、羽の先端に向けてエッジが走っているのがみてとれます。

ロケットのモデルづくりはこちらに書きました。

【MAYA】 (更新中)MAYA初心者講座~難しく見えるけれど、一つ一つ段階を踏めばそんなでもない?!~

n10

Difference

Differenceは後から選んだオブジェクトで他のオブジェクトをくり抜いてくれます。

Coneを後に選んだので、ConeがSphereと重なった部分をくり抜いています。

mod7

Intersection

Intersectionでは最後に選択したConeとが重なった部分が残ります。

ブーリアンの注意点としては、ブーリアンで結合したモデルは分離できません。

mod8

まとめ

Combine・・・複数のオブジェクトを選んでメニューリストPolygons、Mesh→Combineでかけます。オブジェクトを結合します。

Separate・・・Combineしたオブジェクトなどを選んでメニューリストPolygons、Mesh→Separateでかけます。オブジェクトを分離します。

Booleans・・・Unions Difference Intersectionがあります。

Unions・・・複数のオブジェクトを選んでMesh→Booleans→Unionsでかけます。選択したオブジェクトを一体化します。

Difference・・・複数のオブジェクトを選んでMesh→Booleans→Differenceでかけます。最後に選択した方で他のオブジェクトをくり抜きます。

Intersection・・・複数のオブジェクトを選んでMesh→Booleans→Intersectionでかけます。最後に選択したオブジェクトと重なったところが残ります。

 

基本的なで便利なツールなので、活用したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

関連記事

【MAYA】ミラーやDuplicate Specialでのオブジェクトの複製とシンメトリーモデリング。

モデリングをしていて、オブジェクトを対象にしたい時があるのですが、そんな時に役に立つ、ミラーと、シン

記事を読む

【MAYA】モデリング、スムースとソフトセレクトで変形させ、モデルのディテールづくりをしよう!

モデリングで繊細な表現がしたい時に役立ってくれるのがスムースツールとソフトイメージです。その使い方が

記事を読む

【MAYA】Xgenを使って、オブジェクトに毛をはやす。

2017年度版からファーがメニューから無くなってしまい、これからはXgenを使うことが増えてくるかと

記事を読む

【MAYA】ノンリニアデフォーマ―で手軽にキレイなアニメーションやモデリング。①(Bend Flare Sine)

ノンリニアデフォーマ―でアニメーションで動きをつける時、自然な形をつくりやすいように思います。ノンリ

記事を読む

【MAYA】カメラ操作、作り方からビューでの表示方法、移動や回転、エイムなど。

カメラの設定について、その作り方から移動や回転、表示の方法について、基本的なことについて書きました。

記事を読む

【MAYA】基本操作、二つのオブジェクトを結合しよう。ブリッジ編

別々につくったオブジェクトを一つにしたい、モデリングではよく出てくることですが、そんな時に使えるツー

記事を読む

【MAYA】シャドウについて、オブジェクトの影の落とし方。投影やぼかしの方法について。

光を表すのに重要な役割をしてくれる影について、書いてみました。当たり前ではありますが光と影はセットで

記事を読む

【MAYA】基本、フェースの押し出し(Extrude)、移動、スケールツールを使って簡単な飛行機を作ってみました!

Extrudeは押し出しツールですが、全く3Dを触ったことがない人にとっては、混乱してしまうツールだ

記事を読む

【MAYA】ノンリニアデフォーマ―で手軽にキレイなアニメーションやモデリング。②(Squash Twist Wave)

これまで手で形をつけていたアニメーションやモデリングがきれいにできる、ノンリニアデフォーマ―について

記事を読む

【MAYA】基本操作、これは便利!カーブツールでモデリング。紐をつくろう。

ナーブスで紐を作ってみようと思います。カーブのパスと紐の太さや形状をあらわすパス二つを書いて、Ext

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【MAYA】2017年度版レンダラ―、アーノルド(Arnord)のノイズ調整について少し書きました。

2017年度版から、mayaにはアーノルドレンダラ―が入りました。自分

【MAYA】Xgenを使って、オブジェクトに毛をはやす。

2017年度版からファーがメニューから無くなってしまい、これからはXg

【MAYA】2017年度版、MELを使用してメニューへファー(Fur)を呼びこもう!

maya2017年度版から、Furがメニューから消えてしまいました。た

【情報】福岡で就職をお考えの方に。福岡クリエイティブキャンプとそのイベントのご紹介

福岡で就職をお考えのクリエイターの方向けのプロジェクトがあります。

【情報】手近に楽しめる、スマホでのVR体験動画コンテンツ。

スポンサードリンク 【情報】手近に楽しめる、スマホでのVR体

→もっと見る

PAGE TOP ↑